フェラーリ「間違った判断」と戦略ミスを認める

フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、カナダGPでの2ストップ作戦が間違った選択だったことを認めた。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ジェンソン・バトンのマクラーレン・ホンダが止まったことによるバーチャルセーフティカー時に最初のピットインを行い、2ストップでレースを走りきった。一方、優勝したルイス・ハミルトンは1ストップだった。

「我々はタイヤのデグラデーションを、過度に恐れてしまった」

 そう語るのは、フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネだ。

「それが彼をピットに呼んだ理由だ。そして、それは間違いだった」

「話をそれ以上大きくするつもりはない。我々は今日、ミスを犯した」

ベッテル、パフォーマンスには満足

 ベッテルは戦略のミスで勝利を失ったものの、メルセデスと同等のペースで走れたことで自信を深めた。

「ルイスはちょっと速すぎた。それが問題だった」

 そう語るベッテル。

「素晴らしい週末だったと思う。ファンタスティックなスタートだったけど、1周目は難しかった。そして、最終シケインの飛び込みでマシンを減速するのに苦労したんだ」

「僕はレース中ずっとプッシュしていたんだ。僕らは、早い段階で異なる戦略を採ることを決めた。そして、先頭に戻ることを目指したんだ」

「ルイスはステイアウトすることができ、そしてタイヤがどう働いているのかを見ることができた。そしてタイヤは、僕らが考えるよりも長持ちしたんだ」

「つまり、新しいタイヤを履いて差を詰めようという戦略は、少しトリッキーだった。しかし、全体的に見れば、僕らにとって素晴らしい週末だったよ」

「直近2レース、僕らはちょっと苦労していた。でも今、クルマのパフォーマンスは改善され、僕らはそこから解き放たれた。実に楽しいレースだったよ」

「誰か、そして何かを非難するのは、僕は好きじゃないんだ。デグラデーションは、僕らが予想したほど高くなかった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 カナダGP
サーキット サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース