フェルスタッペン最速。アップデートPU効果確認:F1バルセロナ合同テスト2日目午前

アップグレード版のルノーエンジンを搭載したレッドブルのマシンを駆るマックス・フェルスタッペンが、バルセロナ合同テスト2日目午前のトップタイムを記録した。

 前日に引き続き行われている、F1バルセロナ合同テスト。その午前中のセッションでは、レッドブルのフェルスタッペンがトップタイムを記録した。

 スペインGPでの初優勝後、最初のF1走行機会となったフェルスタッペンは、午前中にミディアムとソフトのタイヤを履いての走行を完了した。そして、昼休みに入る直前にベストタイムを記録する。

 彼が記録した1分23秒267というラップタイムは、スペインGPの予選での記録よりも2/10秒遅いだけのものだった。そのタイムもさることながら、フェルスタッペンのマシンにはアップグレード版のルノー製パワーユニットが搭載されており、スピードトラップなどでその進化が確かに確認できる。

 マクラーレン・ホンダは、スフトフェル・バンドーンが搭乗し、2番手のタイムを記録している。ただ、このペースはスーパーソフトタイヤを履いてのものだ。バンドーンは空力及び機械面でのチェック走行を担当している。

 ダニール・クビアトはトロロッソのマシンでの初テスト。彼はソフトタイヤを履いて3番手のタイムを記録している。彼のこの日の最大の目的は、新しいトロロッソのマシンに慣れることである。

 ルノーにはケビン・マグヌッセンが乗っている。彼らもアップデート版のパワーユニットを搭載しているが、やはりその進化を確実に感じ取り、メルセデスよりも速いタイムを記録している。

 そのメルセデスに乗るのは、普段はマノーでレースをしているパスカル・ウェーレインだ。本来ならば前日ルノーのマシンを走らせたエスティバン・オコンがこの日はメルセデスに乗る予定だったが、チームはチェックのために経験豊富なドライバーを走らせたいとのことで、ウェーレインが選ばれた。

 ウイリアムズはこの日フェリペ・マッサが乗り、2017年のダウンフォースレベルをシミュレートするための”ダブルデッカーウイング”を評価している。なお、マノーをドライブするジョーダン・キングが、ランチブレイク15分前にターン7でコースオフし、赤旗の原因となっている。

バルセロナ合同テスト2日目午前結果

Pos. Driver Team Time Gap Laps
1  Max Verstappen  Red Bull  1:23.267    65
2  Stoffel Vandoorne  McLaren  1:24.006  +0.739  45
3  Daniil Kvyat  Toro Rosso  1:24.737  +1.470  68
4  Kevin Magnussen  Renault  1:25.133  +1.866  53
5  Pascal Wehrlein  Mercedes  1:25.166  +1.899  65
6  Esteban Gutierrez  Haas  1:26.402  +3.135  41
7  Antonio Fuoco  Ferrari  1:26.403  +3.136  55
8  Alfonso Celis  Force India  1:26.855  +3.588  37
9  Felipe Massa  Williams  1:27.167  +3.900  59
10  Jordan King  Manor  1:27.615  +4.348  48

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バルセロナ5月合同テスト
サーキット サーキット・デ・カタルニア
記事タイプ テストレポート