フェルスタッペン、スペアシャシー投入でピットスタート

マックス・フェルスタッペンは、予選Q1でのクラッシュの影響により、決勝レースをピットレーンからスタートすることを決めた。

 フェルスタッペンのマシンはクラッシュによりダメージを負ってしまったため、スペアモノコックを使ってリビルドされることになった。このクルマを使ってレースに出場するためには、日曜日の朝に車検を受けなければならない。

 これにより、フェルスタッペンはピットレーンからのスタートを余儀なくされるが、クルマに変更を加えることができるということも意味している。これは、フェルスタッペンにとっては、後方から追い上げるのに、追い風となるかもしれない。例えば雨が降ったら、それに向けたウエットセッティングを施すことができるのだ。

「どうも、明日は雨の予報があるみたいだね」とフェルスタッペンは言う。

「それは僕にとっては良いことだろう。そして、僕らは素晴らしいクルマを持っているので、ペースはとても良いはずなんだ」

「うまくいけば、僕らは最初と最後に良いスティントを行うことができるかもしれない。明らかに、何台かのクルマは、抜けると思う」

 クルマにはオーバーテイクができる力があるかと訊かれたフェルスタッペンは、次のように答えた。

「僕は間違いなくそれを狙うよ。さっきも言ったように、クルマは本当に良いんだ」

「このコースでは、明らかに上位4位の戦いになるし、その中にはフェラーリもいる。その後方とは大きなペース差があるので、うまくいけば僕らはそれを活用することができるかもしれない」

「どのコースでも、クラッシュすれば支払う代償は大きい。ここではそれが少し大きいけどね。でも、多分雨が降る。何が起きるか見てみよう」

 フェルスタッペンは、クラッシュしなければ2列目までには入ることができただろうと信じている。

「ダニエルは素晴らしいラップを決めたよ。これはチームにとって非常にポジティブだ。新しいエンジンもうまく働いているように見える。パワーも良いし、ドライバビリティにも優れている。このサーキットでは、それが非常に重要だ」

「予選で、僕もトップ4に入ることができていれば、とっても幸せだったんだけどね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
ドライバー Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース