フォーブス長者番付リスト。ハミルトンがスポーツ選手総合11位

アメリカのビジネス誌フォーブズの富豪リストによると、ルイス・ハミルトンは世界で最も高い給料を得ているレーシングドライバーである。

 ハミルトンは、過去12カ月の間に4600万ドル(約50億円)を稼ぎ、スポーツ選手の中で総合11位につけている。

 スポーツ選手の中でトップだったのは、サッカーのクリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリッド)で、8800万ドル(約96億円)の稼ぎだった。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルが総合19位で、レーシングドライバーの中での2位となる4100万ドル(約45億円)、マクラーレンのフェルナンド・アロンソが3650万ドル(約40億円)で総合24位になっている。ニコ・ロズベルグは2100万ドル(約23億円)で、総合98位である。ただ、ロズベルグはチームメイトのハミルトンに、倍以上の差をつけられている。

 F1ドライバーの中でトップ100にランクインしたのはこの4人のみ。この他にNASCARドライバーのデイル・アンハートJr.(総合71位/2350万ドル)、ジミー・ジョンソン(総合82位/2220万ドル)が、トップ100にランクインしている。

 ちなみに、日本人ではテニスの錦織圭が3350万ドル(約36億円)で総合29位、野球の田中将大が2300万ドル(約25億円)で総合74位になっている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Fernando Alonso , Lewis Hamilton , Nico Rosberg , Sebastian Vettel
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース