フランク・ウイリアムズ卿、肺炎から回復に向かう

イタリアGPで肺炎を患ってしまったウイリアムズ卿だが、回復に向かっているとチームのCEOが明かした。

 ウイリアムズのチーム代表フランク・ウイリアムズの娘であり、現在は副代表を務めるクレア・ウイリアムズは、イタリアGP以来サーキットを訪れていなかったが、メキシコGPの金曜日、CEOのマイク・ドリスコールがその背景を明かした。

「ご存じの通り、フランクはイタリアGPで病気に罹った。彼はもう何十年もパドックにいる人だから、彼がここにいないことはおかしな状況だった」

「彼は病院でタフな時間を過ごしてきた。というのも、彼は肺炎に罹患していた。ゆっくりとだが確実に、彼は回復に向かっている。我々は、すぐにでも彼がチームに戻ってくることを願っている。彼がどのようにそれを決断するか、我々は皆わかっている」

 クレア・ウイリアムズは、彼女の父親の近くにいることを決めたが、彼の状況次第では、最終戦のアブダビでチームに戻ってくるという。

「クレアはレースに戻ってくるだろう。彼女は家でフランクに寄り添うことを望んだが、今の時代は電話一本でコミュニケーションをとることができる」とドリスコールは話した。

「日々の出来事にも彼女は関わっている。シーズンが終わるまでには彼女に会いたいし、願わくばアブダビでそうしたい」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース