ベッテルとエリクソンはギヤボックス交換。ベッテルは2戦連続の5グリッド降格ペナルティ

ベッテルとエリクソンは予選前にギヤボックスを交換。それぞれ5グリッド降格ペナルティが確定した

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、イギリスGPでギヤボックス交換による5グリッド降格ペナルティを課せられることになった。

 ベッテルのマシンのギヤボックスは、フリー走行3回目の終盤に突然壊れ、ベッテルは無線で不満を露わにした。ベッテルはピットまでマシンを運ぶことができたものの、予選前にギヤボックスを交換することが、FIAによって確認されている。

 これでベッテルは、前戦オーストリアGPに続き、2戦連続でギヤボックス交換ペナルティを受けることになる。

 一方のマーカス・エリクソンは、フリー走行3回目のクラッシュによりギヤボックスを破損。交換を余儀なくされている。ただ、エリクソンはメディカルチェックのために病院に行っており、予選に出走できない可能性もある。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース