ベッテルはアップグレード効果を実感も、ライコネンは苦悩

セバスチャン・ベッテルは、今回初めて投入されたターボとリヤサスペンションについて「期待した通りのモノだ」と語る。

 フェラーリは今回のグランプリに、トークンを使用して投入した新しいターボと、改良したリヤサスペンションを持ち込んだ。その初日、フリー走行2回目ではセバスチャン・ベッテルが、メルセデス2台の間に割って入る2番手タイムをマークした。

 初日のセッション終了後、ベッテルは語る。

「全体的には、クルマはしっかり作動しているように見える。何も悪いことはないよ。僕らが今回持ち込んだモノは、僕たちが期待した通りの効果を僕らに与えてくれているように見える。それは今日の良いニュースだったね」

「クルマは、ここではイキイキしてるよ。縁石があるから、それは非常に荒っぽい”旅”になってしまっているけどね。まだまだ改善が必要なことはいくつかあるけど、僕らはそれに取り組まなきゃいけない」

「僕らは、正しいポジションはどこなのかを確認するために、全力を尽くさなければならない。でも、僕らは金曜日の段階ですでに近づけたんだ」

 今週末の目標は、メルセデスの2台の間に割って入ることなのかと訊かれたベッテルは、次のように答えた。

「別に彼らの間を割り込みたいわけじゃない。彼らの前に出るのが目標なんだ」

「たぶん、彼らはもっと速くなるだろう。それは驚きでもない。ここは彼らに合ったサーキットだし、この2年間、彼らはここで非常に高い競争力を誇ってきたからね」

苦悩するライコネン

 一方、ベッテルのチームメイトであるキミ・ライコネンは、適正なグリップを得ることができず、8番手タイムに終わっている。

「理想からははるかに遠い1日だった」

 ライコネンはそう語った。

「僕らはクルマの感覚を掴むのに苦労したんだ。クルマのハンドリングを良くしようとしたんだが、それをすることができなかった」

「解決のために多くを試した。そして僕らは明日に向け、正しいモノを選択しなければならない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 カナダGP
サーキット サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー Kimi Raikkonen , Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース