ベッテル「レッドブルよりかなり速かった」と主張するも、「メルセデスは別次元」と語る

ハンガリーGPで表彰台を逃したベッテルは、レッドブルよりはるかに速かったと確信している。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ハンガリーGPを4位でフィニッシュした。レース終盤には相対的に古いタイヤを履いていたレッドブルのダニエル・リカルドを追い回したが、オーバーテイクを成功させることができず、3位の座を奪い取ることはできなかった。

 この結果によりフェラーリは、コンストラクターズポイントでレッドブルに僅か1ポイント差に迫られることとなった。

「僕らははるかに速かったと思う。しかし、ここはハンガリー。ただ速いだけではダメなんだ」とベッテルは言う。ベッテルはドライバーズランキングで、トップのハミルトンから82ポイント遅れを取っている。

「最終的に僕らは、0.5〜1秒速かったと思う。でも、抜くのには十分じゃなかった」

「僕らは新しいタイヤを履いていた。そして最終的にはペースが戻ってくるのを知っていた。でも、オーバーテイクを成功させるのは難しかった」

「レースでは、表彰台に上ることができるペースを持っていた。しかし、もしレッドブルの前を走ることができていれば、より積極的にそう言えただろうけどね。彼らを抜く方法がなかったんだ」

「最終的には僕らの方が速かった。でも、コース上で抜くことができなかった。もし予選で僕らの方が良い成績を残していれば、僕らはレースでもっと楽な時間を過ごすことができたはずだ」

 ベッテルは予選で、レッドブル2台の後ろの5番手だった。

 フェラーリは速かったと言うベッテルだが、メルセデスには敵わなかったことを認めている。

「今日の僕らクルマは、レースペースの面ではとても良かった。しかし明らかに、メルセデスにはついていけなかった。彼らは彼らだけのリーグで戦っているように見えるね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ハンガリーGP
サーキット ハンガロリンク
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース