ベッテル「何が問題だったのか確認しなければいけない」

セバスチャン・ベッテルのフェラーリは、ロシアGPのフリー走行2回目でまたも信頼性の問題に遭遇した。これについてチームは、「何が起こったのか理解しなければならない」と語る。

 ベッテルは最終的にはセッション2番手となるタイムを記録した後、電気系のトラブルに見舞われたためにメインストレートにマシンを止め、その後ピットでの待機を余儀なくされた。

「僕たちは電気系の問題を抱えていた。明らかにそれは、クルマの些細な電気パーツだ」とベッテルは語る。

「僕らはまだ完全には理解できていないけど、それを確認する必要がある」

「その問題を修正することができると思うけど、何が起こったのかを理解したい」

「少しばかり残念だね。ロングランとレースに向けた調整、そして僕らの戦闘力を確認することができなかったから」

「キミがチームのために宿題をやってくれたから、そう悪くはないよ。僕は、僕らが期待していたおおよそのことを知っていると思う。それから、他のドライバーたちからも多くのことを学べると思う」

 今週末の見通しについて尋ねられたベッテルは、次のように答える。

「言うのは難しいよ。バランスは、まだ僕が欲しいものにはなっていない。でも、改善できると思う」

「サーキットは、当然ながら良くなっていくはず。午前中は滑りやすく、僕は最初の2周でスピンしてしまった。でも、午後にはスピンしなかった。すでに大幅に改善してきているよ」

「今日は予選に向けて幾つか試すことができた。レースに向けては情報を欠いているけど、それほど悪いことではないはずだよ」

「まだもう1回フリー走行があるからね。明日の午前中を見てみよう」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ロシアGP
サーキット ソチ・アウトドローモ
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース