ベルギーGP スパに新しい縁石が追加

F1のオーガナイザーは、下りの左コーナー、リエージュの出口に縁石を追加することを決定した。ワイドになったドライバーがコースに戻ってくるときに、砂も一緒にトラックに広がってしまうのを防ぐためだ。

 ターン9のレイアウトは、スピードが出過ぎていた場合でも、コーナーの出口でトラックリミットの制限は課されていなかった。昨日のQ2でのニコ・ロズベルグのアタックで、彼は4輪ともコースから外れていた。

 FIAは、トラックリミットルールの監視対象とする必要はないと考えていた。なぜならワイドに走ることでタイムのアドバンテージはないと考えられていたからだ。

 しかしながら、ドライバーがワイドに走ることで、コーナー出口の芝を通ることでデブリがコース上に撒き散らされてしまうことがわかった。

 決勝でのハプニングを防ぐために、FIAはコーナー出口に小さな縁石を追加することを決定。これにより、ドライバーたちは芝を通らずにコースに戻るか、ダメージを負うリスクを強いられることになる。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
記事タイプ 速報ニュース
タグ liege