ペレス、イエローフラッグ中の追い越しで審議対象に

セルジオ・ペレスは予選で黄旗が出されていた区間で追い越しをしたとみなされ、スチュワードに召喚されている。

 セルジオ・ペレス(フォースインディア)は予選10番手を獲得したが、その予選後にスチュワードに召喚された。

 スチュワードによると、Q2でハースのロマン・グロージャンがクラッシュした際、ターン9からターン10でダブルイエローフラッグが表示されたにもかかわらず、ペレスは十分な減速をしなかったという。

 また、イエローフラッグが出されていた時に、エステバン・グティエレス(ハース)をオーバーテイクしようとしたことも審議対象となっている。

 ペレスは「基本的にはとてもトリッキーなセッションで、僕が走っていたラップでは3箇所でイエローフラッグが出ていた」と話した。

「だからかなりアクセルを緩めていたよ」

「イエローフラッグのせいで0.6秒くらい失ったよ。エステバンのことに関しては、彼はとてもゆっくり走行していたから、僕はラインを守った。彼は僕のためにラインを開けてくれたけど、アクセルを緩めていた間に0.4秒失った」

「チームは僕がタイムを失ったというデータを持っているはずだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー Sergio Perez
チーム Force India
記事タイプ 速報ニュース