ペレス、バクーは表彰台を狙える「またとないチャンス」と期待

バクーで開催されているヨーロッパGPのフリー走行で、速さを見せたフォースインディアは、2016年シーズンでまた表彰台を獲得するチャンスがあるとセルジオ・ペレスは述べた。

 ペレスは、モナコでキャリア6度目の表彰台を獲得した。フォースインディアは今年に入って3位表彰台を一度獲得している。そして、バクーのコースはシルバーストーンを拠点とするフォースインディアの強みが生かせるだろう。

「ここのコースは、僕たちのマシンと相性がいいよ」

 フリー走行で3番目に速いタイムを記録したペレスは述べた。

「すごい自信があるし、ニコ・ロズベルグと同じくらい僕も強かったから、明日の予選でも良い走行ができることを願っているよ」

 表彰台にかける期待を尋ねられたペレスは答えた。

「表彰台が獲得できると信じたいね。フリー走行で見せた僕たちの強さは本物だよ。でも、明日は少しのミスも許されないから、予選を最高の結果で終えられる様にとにかく頑張るよ」

「どんなエンジンモードで走行するかが、ここでは非常に大きな違いを生み出すから、正しいエンジンモードを使用する事で良い結果につながるはずだ」

「バクーの様に新しいサーキットでは、誰一人コースに慣れていないから、みんなにチャンスがあるのさ。だから、今週末は良い結果を獲得できる可能性が非常に大きいよ」

”パワー”が重要なサーキット。メルセデスPUが有利

 まだ表彰台に上った事がないチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグは、5番目に速いタイムを出してフリー走行を終えたため、レースに向けて前向きに捉えている。

「ここは明らかにパワーコースであり、パワーユニットのコースだよ。メルセデスと同様に、僕たちも正しい装備を積んで来たのは確かだね」ヒュルケンベルグは述べた。

「もちろん、ライバルのウイリアムズも同じ様な装備を持って来ているけれど、今日の走行を比較する限り、僕たちの方がルノー製のパワーユニットを搭載するマシンたちよりも一歩先んじていると思うよ」

「通常、僕たちのパフォーマンスは良くなって行くんだ。今は良い状態にあるし、ここからさらに調子を上げて行くだけだよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ヨーロッパGP
サーキット バクー市街地
ドライバー Nico Hulkenberg , Sergio Perez
チーム Force India
記事タイプ 速報ニュース