ペレス、新チームメイトに「最速タイムを出せるような人」を希望

来年もフォースインディアに残留するペレスは、チームメイトには、実力があってチームに貢献できる人を望むと話した。

 フォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグは先週、今シーズン限りでフォースインディアを離脱することを発表した。2014年から始まったセルジオ・ペレスとのタッグも今年で最後となる。

 ヒュルケンベルグの後任には、ダニール・クビアト(トロロッソ)、エステバン・オコン(マノー)、ジョリオン・パーマー(ルノー)らが候補に挙がっているという。

 ペレスは、新しいチームメイトが実力のあるドライバーであることが、自身やチームにとっても重要だという。

「チームはベストな選択をしてくれると思う」

「誰がチームに来ても、それで正しい判断だったと思えるようなドライバーが来ることを願っている」

「速くて、チームのために仕事ができるドライバーが良いと思う」

「これによって状況は大きく変わるだろう。もしチームメイトが自分よりもだいぶ遅いドライバーだったら、レースがない時に、マシンを改善しようとは思わない。それは、自分のペースが速くなくても、チームメイトに勝てるとわかっているからだ」

「僕にとっては、ファステストラップをマークできるようなチームメイトが大切だと思う」

 またペレスは、ヒュルケンベルグはこれまでのF1キャリアの中でベストなチームメイトだったと彼を称賛している。

「これまで3年間ニコと働いてきて、彼から多くのことを学んだ。今は新しいチームメイトが来ることを楽しみにしているし、その人から新しく学べることがあればいいと思う」

「コース上では、僕らは同じようなレベルで戦っていた。ふたりともチームをプッシュしてきたし、そういうドライバーがチームのためになる。僕らはチームを助けることができたはずだ」

「ニコは、これまでのF1キャリアの中で一番手強かったチームメイトだ」

 ルノーがヒュルケンベルグと契約するまで、ルノーと関わりを持っていたペレスは、ヒュルケンベルグの決定に驚いていないと話した。

「もし僕がルノーに行かなかったら、ニコがルノーに行く可能性が高かったことを僕は知っていた。だから驚いていないし、予想できたことだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Sergio Perez
チーム Force India
記事タイプ 速報ニュース