ホンダのホーム、日本GPを前にブーリエは「レースはいつもと変わらない」

ブーリエは、ホンダのホームだからといって、特別なプレッシャーを感じているわけではないと語った。

 マクラーレンのチーム代表のエリック・ブーリエは、ホンダのホームグランプリである鈴鹿も、いつものレースと同じように臨むと語った。

 昨年の日本GP、マクラーレンのフェルナンド・アロンソがラジオで、ホンダのパワーユニットについて”GP2エンジン”と評した発言は、悪い意味で有名だ。しかし、そのホンダは今年大きな進歩を遂げ、今週末再びホームGPに臨むことになる。

 マレーシアGPでは、アロンソとジェンソン・バトンの2台がポイントを獲得した。アロンソは、日本GPでペナルティを受け、最後尾スタートになることを避けるため、マレーシアで先にペナルティを消化したにもかかわらず、7位でフィニッシュしている。

「特別なレースというわけではない」と、マクラーレンのレーシングディレクター、エリック・ブーリエはmotorsport.comに語った。

「そうだね。我々のパートナーである、ホンダにとっては重要なレースだ。チームはかなり焦点を合わせているし、ホンダからも多くの人が鈴鹿に来るだろう」

「しかし私にとっては、オースティンやシルバーストンなどと同じだ。多くの人がホスピタリティーに訪れるだろうが、おそらくレースは変わらない」

 ブーリエ自身は日本滞在中、東京や、ホンダの開発拠点であるさくらで、多くのミーティングに参加することになるだろう。

「今週はすごく忙しいだろうね。日本にいるのだから、ホンダだけじゃなく、多くの日本のパートナーに会える機会を有効活用しなければ。個人的にも、様々なパートナーとイベントがある。さくらにも最低2回は訪れる予定だけどね」

 マクラーレンはマレーシアで、アロンソが最後尾から7位、バトンは9位でフィニッシュし、計8ポイントを獲得している。

 どちらのドライバーも、最初のピットストップはバーチャルセーフティカーの出動中に行っている。しかし、バトンの最後のピットストップは、この日3度目となるバーチャルセーフティカーの出動直前に行われており、他のマシンに対してタイムを失ってしまった。

「ポイントを取れたことは、チームにとって良かった。トロロッソより多くのポイントを獲得しているのだから完璧だよ」とブーリエは語った。

「我々は多くのインシデントの恩恵を受けた。しかし、私がポジティブに感じているのは、どちらのドライバーも非常に上手くやり、素晴らしい戦略をチームが上手く実行できたことだ」

「3ストップに変更したが、少しラッキーだった。いや、ラッキーだけではないな。バトンは最後のバーチャルセーフティカーでアンラッキーだったからね。我々は改善を続けて、先頭に追いつかなければならない」

関連ニュース

マクラーレン+曙ブレーキ10周年。1周あたり”18秒”を担う、ブレーキの重要性

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Fernando Alonso , Jenson Button
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース
タグ eric boullier