ホンダ、アップグレードの最適なタイミングを検討中

ホンダは、今週行われるバルセロナテストで、新しいコントロールユニットのアップグレードを試す計画だ。そして、エンジン対する戦略的に最善のアップグレードについて、評価し続けている。

 ホンダはパワーユニットに対して投入が検討されているハードウエアのいくつかを、すでに準備しているようだ。

 現在ホンダは14の開発トークンを持っており、新しい燃料を搭載するなら、早ければカナダGPで使用される可能性が残っている。

 ホンダのF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介は、アップグレードは開発の進捗状況によってではなく、トークンを使用する戦略的な評価に基づいて決定されると語った。

「まだ決めていません」と長谷川は言う。

「我々は常に開発を続けています。もしトークンを気にする必要がないのなら、アップデートはすでに準備できています」

「しかし、どのグランプリにアップグレードを投入するか、戦略的に考えなければなりません。なので、まだお話しすることはできません。私は具体的な計画を持っていないのです」

 バルセロナで何をテストするのかという質問について、長谷川は言う。

「ハードウエアの大きな更新はありません。でも、いくつかの制御系のアイテムがあります」

カナダで投入される可能性

 ホンダの次なるアップグレードは、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンが次のエンジンを投入するタイミングになるはずだ。もし、新しい燃料が準備できている場合、そのXデーはカナダになる可能性が高い。

「燃料のアップグレードには、トークンは必要ありません」と長谷川は言う。

「燃料を変更する場合、我々はマッピングも変更する必要がありますが、それは適正かつ効果的なアップデートを投入するタイミングでもあります」

 アロンソはスペインで、突然エンジンがシャットダウンするというトラブルによりリタイアを強いられたが、これによりエンジン交換が必要だった場合、アップデートを先行投入することができるようだ。

「次のエンジンをいつ投入するか、我々はまだ決めていません。しかしまず最初に、フェルナンドのエンジンがモナコに向けて大丈夫であることを確認しなければいけません」と長谷川は付け加えた。

「おそらく、それは問題ないと思います。(スペインでのトラブルは)予期せずにモードが変わってしまったことで、エンジンが切れてしまったんです。なぜそれが起きたのははまだ分かっていませんが、エンジン自体は次のレースでも使うことができると思っています。私たちは、この状況を確認する必要があります」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース
タグ honda