ホンダ、イギリスGPにアップデート版エンジンを投入

ホンダはイギリスGPにエンジンのアップグレードを持ち込むことを決定か?

  ホンダはオーストリアGP終了後、イギリスGPに向けパワーユニットのアップデートを投入することを検討していた。しかし、開発トークンの最も効率の良い配分を探るため、その決定は先延ばしされていた。

 カナダGPにホンダはターボのアップグレードを投入したが、このためにエンジンパワーがタービンの作動に使われることにり、結果としてエンジン本体の出力が低下する事態となっていた。これを補うために今回のアップデートを決定したとみられる。

 具体的には、今回のアップデートは、燃焼プロセスの効率を高めることになるとみられる。つまり、エンジン本体のアップデートである。しかしホンダは、このアップデートで劇的なパワーアップを期待していないという。

 ホンダは今回のアップデートに2トークンを使用するものとみられる。この結果、今季使うことのできる残りトークンは10となる。

 ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介によれば、彼らはオーストリアGPで示したようなパフォーマンスを、今後数戦のうちに再び実現できることに自信を持っているという。

「新しいタービンを導入して以来、物事は改善していると考えています。カナダとアゼルバイジャンでは、パワーの観点から言えば、競争力がありすぎたくらいです」と長谷川は言う。

「我々は通常のサーキットに戻ってきました、そして、(オーストリアでの結果は)我々のアップデートがうまく働いていることを証明できる理由だと思います」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース