ホンダ、今週末のイギリスGPにアップデート版エンジン投入か?

ホンダは、早ければ今週末のイギリスGPに、アップグレード版のパワーユニットを持ち込む。

 ジェンソン・バトンはオーストリアGPで終始上位集団を走り、6位入賞を果たした。これは、マクラーレンとホンダのパートナーシップ復活後、最も高い競争力を示したレースだったとも言える。

 ホンダは今季中に投入する準備が整っているアイデアがたくさんあることを、これまで示唆してきた。しかし、開発トークンを最も効果的に使うためにはどのアイデアを採用するのがいいのか、検討が重ねられていた。

 オーストリアGPでのパフォーマンスについて尋ねられたホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介は、「私は待ちたくありません」とmotorsport.comに対して語った。

「そのため、我々は準備でき次第、すぐにそれをお見せしたいと考えています」

「これは、次のシルバーストンになるかもしれません。しかし本当なら、毎レースアップデートを導入したいのです」

エンジン開発に焦点を当てる

 ホンダはカナダGPでターボのアップデートに2トークンを使用したが、次はエンジン(ICE)に開発トークンが投入されることになるという。なぜなら、エネルギー回生のパフォーマンスについては現時点ではすでに十分と判断されており、現時点で不足しているのはエンジン本体の出力面だと考えられるいるからだ。

「はい。おそらくエンジンになると思います」と長谷川は言う。

 長谷川は、カナダGPで投入したターボの変更により、エンジンにはいくつかの妥協を強いられたと語る。

「十分な出力を生み出すために、我々はエンジンパワーを排気に使うことになった。新しいタービンによってエンジンパワーを少し犠牲にしてしまったんです」と長谷川。

「新しいタービンを投入したことで、物事は改善していると思っています。カナダとアゼルバイジャンでは、競争力がありました」

「我々は通常のサーキットに戻ってきましたが、しっかり結果を残すことができました。それがアップデートがうまく働いていることを証明していると思います」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース