ホーナーも激怒「クビアトのミスがレースを台無しにした」

レッドブル・チームの代表クリスチャン・ホーナーは、ダニール・クビアトのレース中のミスが、本人のレースだけでなくチームメイトのダニエル・リカルド、フェラーリのセバスチャン・ベッテルのレースまで台無しにしてしまったと怒りを隠さない。

 ロシアGPの決勝中、クビアトに押し出されてレースを棒に振ったフェラーリのベッテルがレッドブルのピットウォールに行き、ホーナーに怒りを爆発させた。レース後ホーナーは、彼が出来ることはベッテルにクビアトのミスに関して謝罪することだけだったと語った。

「残念なことに、我々のレースは第2コーナーでメチャメチャになってしまった。ダニールがブレーキングポイントを誤ったせいでセバスチャンに追突し、ドミノ的にダニエル(リカルド)にもぶつかった。そのせいでフロントウイングは落下し、車体はダメージを被ったが、セバスチャンはレースそのものを失った」

 ピットウォールに来たベッテルが何を言ったのか尋ねられたホーナーは、「彼は頭にきていた。私に出来ることは謝ることだけだった。我々のドライバーのクビアトのしでかしたミスだからね。クビアトは地元のレースということもあって気持ちが高ぶっていたんだろう。しかし、少々高ぶりすぎたようだ。我々はこれまで同じような事故を何度も見てきた。彼はミスったんだ」

「もちろん彼は何が起こったか気づいているはずだ。ドライバーは全員ビデオを観るからね。彼は第2コーナーで判断を誤ってセバスチャンにぶつかったんだ。チームとしては、レースすべてが台無しになった。ポイントが取れるレースだった。それがどこかへ行ってしまった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ロシアGP
サーキット ソチ・アウトドローモ
ドライバー Daniel Ricciardo , Daniil Kvyat , Sebastian Vettel
チーム Ferrari , Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース