マクラーレン「我々のシャシーはフェラーリと同じくらい優れている」

マクラーレンは、現在のシャシーがフェラーリと同じくらい優れていることを確信している。

 マクラーレンのパフォーマンスが抑制されているのは、ホンダのパワーユニットの出力がメルセデスに対して劣っているからだということは、もはや秘密ではない。チームは、最近の成績向上はシャシーの開発が進んだことによりもたらされていると考えている。

 まだ表彰台を争うだけのパフォーマンスは身につけていないものの、マクラーレンのレースディレクターであるエリック・ブーリエは、もしもっと大きなパワーを持っていたならば、前方のマシンに挑戦できると信じている。

「我々のシャシーはトップ3に入っていると信じている。フェラーリと3番目のチームを争っていると言おうじゃないか」とブーリエはmotorsport.comに対して語った。

 シャシーの面では、メルセデスとレッドブルが抜きん出ていることを、ブーリエは
認める。そのため彼は、パワーによる後押しがなければ、この2チームに挑むのは難しいと考えている。

 マクラーレンはレッドブルと比較して何が劣っているのか? それについて訊かれたブーリエは、次のように答えた。

「比較を行うのは非常に難しい。高、中、低速での比較をするのは不可能だからだ」

「我々のシャシーは空力面で効率的だ。もしもっと大きなパワーを持っているならば、より多くのダウンフォースをもたらすことができるだろう」

「しかし、大きなダウンフォースを得るということは、より多くのドラッグを生み出すということを意味する。我々はまだ十分なパワーを持っていないため、その余裕はないんだ」

「ホンダがアップグレードを持ち込んだ時、我々も大きな空力のアップグレードをもたらすことができる。それは多くのダウンフォースとドラッグをもたらすが、うまく働くはずだ」

「しかし現時点では、空力的に非常に効率的なものを目指さなければならない。あまりにもトップスピードを落としすぎると、自らの首を絞めることになるからだ」

ホンダのステップアップ

 ホンダは、さらに多くのパワーをもたらそうと考えているが、ブーリエは非常に良い進歩を遂げていると主張している。そして彼は、マクラーレンとホンダの関係は非常にポジティブだと言う。

「我々は共に働くことについて学ばねばならなかった。そして、文化的な違いや問題点もね」と彼は説明する。

「そこには浮き沈みがあった。しかし、マクラーレンとホンダの関係はとても良い。そしてホンダは今、ステップアップしている。我々はどんどん近づいているよ」

「我々は毎月、長谷川祐介(ホンダF1プロジェクト総責任者)と日本か、もしくはマクラーレンの本社で会っているんだ。そして、予定された多くのミーティングを行う。たくさん旅をしているんだよ」

「物理的に、我々はひと月に1回、それも毎月会っている」

2017年の目標

 すべての要素は、来年のマクラーレン・ホンダが成功する可能性を指し示している。しかしブーリエは、何かを予想することに対して非常に慎重になっている。

「我々は今までもこれからも、目標を設定することはない。パワーユニットの開発をコントロールできるわけではないからね、我々ではなく、それはホンダの仕事だ」と彼は言う。

「我々は今年から来年にかけて、大きな進歩を遂げることができる」

「もし我々がメルセデスと同じレベルなら、秒単位で速くなれるだろう。コンマ数秒じゃない、秒単位だよ! だから、我々は色々なことを言えないんだ」

「もし来年、我々がメルセデスと同じようなパワーを持つことができれば、勝利のため、表彰台のため、そして多分チャンピオンシップのために戦うことができるだろう」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Fernando Alonso , Jenson Button
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース
タグ eric boullier, honda