マクラーレン、2016年マシンの開発を継続

マクラーレンは、2017年の前進に焦点を当てているものの、夏休み後も現在のマシンに開発を加えていくという。

 マクラーレンは、今季のマシンの開発を継続することに積極的なチームのひとつである。そして、表彰台に戻るべく、その動きを加速させている。

 多くのチームは、現在のマシンの開発をストップさせ、来年からの新ルールへの対応に注力している。しかしマクラーレンは、2016年用のMP4-31のアップデートは、まだしばらく続くと語る。

 マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、「まだマシンのアップデートがいくつかあると思う」と語る。

「我々が行っているすべての開発は、来年のクルマに明らかに適用できる。我々はその上で、来年のマシンに焦点を当てている」

 マクラーレンのシャシー開発同様、シーズン後半にはホンダのパワーユニットがアップデートされることが期待されている。

 ホンダは、2017年に前進するための作業を開始する必要性を知りながらも、ベルギーGPのでアップデート版パワーユニットをもたらすと言われている。そして、まだ使用可能な開発トークンを残している。

 ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川裕介は言う。

「我々は今季、まだギブアップするつもりはありません。しかし、2017年に向けた作業を開始する必要があります。我々のリソースを2017年に向ける必要がある時が来ますが、それは非常に難しい決断です」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース