マッサ、接触の不満収まらず。「アロンソはスチュワードに”親友”がいたんだろう」

マッサは、レース終盤で起きたアロンソとの接触に関して、不満を全く隠さない。

 アメリカGPのレース終盤、マクラーレンのフェルナンド・アロンソが、ターン16でウイリアムズのフェリペ・マッサにオーバーテイクを仕掛けた際に接触し、マッサはタイヤがパンクしてしまった。そして5位争いから脱落。7位でフィニッシュすることになった。

 このインシデントはスチュワードに審議されたものの、結局アロンソにペナルティが出されることはなかった。

 しかしマッサは、アロンソに対して感情を剥き出しにしており、いまだに接触に対して不満を抱いている。

「すでに(アロンソと)話したよ」とマッサは、レース・オブ・チャンピオンズ出場に関するメディア対応の中で、motorsport.comに語った。

「上から見たら、彼のオーバーテイクは素晴らしいものに見えるだろう。けど彼はすごく遠かったし、ほとんどブレーキをかけていなかった。僕はコーナーの前でブレーキをしていた。もし僕がそこにいなければ、彼はまっすぐ行っていたことだろう」

「僕と当たった後でさえ、彼はトラックの外に行ってしまった。彼はすごく後ろにいて、僕の近くにいなかったから、僕はラインを閉じようともしていない。正直に言って、きっとスチュワードの中に彼の大親友がいたんだと思う」

「彼はサインツにも同じようなことをした。ブレーキを遅らせてコーナーをオーバーランしたんだ。レース残り3周で2回だよ。彼にペナルティが出なかった意味がわからないよ」

 今週FIAは、ポジションを守るためにブレーキングゾーンでラインを変えることを禁じたが、マッサはアロンソのようなインサイドへの”突進”についても、何らかの規制を作るべきだと匂わせた。

「確かに、ドライバー全員がミーティングで尋ねていたことがそれ(ブレーキングでの規制)だ」と彼は語った。

「僕たちはルールを知る必要がある」

「ほとんどのドライバーが、ブレーキングで動いてはならないことを理解している。その上であるドライバーがそういうことをして、何も起きなかった(何のペナルティも科せられなかった)から、みんなが尋ねているんだ。もし動けるなら、みんながそうするだろう。ドライバーみんなが自分の意見を持っているが、正直に言ってそれは非常に似通っていた。だから彼ら(FIA)は変えたんだ。みんながこれを守ることを願っている」

「今回の件では、フェルナンドはブレーキングで動かなかったし、違うやり方でオーバーテイクしようとしただけだ。彼はできることをすべて試していた。それ自体を咎めているわけではない。けど、彼は僕に向かってダイブし、僕のマシンと当たった。トライするなとは言っていないが、彼はトライするには遠すぎたんだ」

「僕がそこにいなければ、彼はコーナーを曲がれなかっただろう。策略が過ぎるよ」

関連ニュース

マッサ「パンクがなければトップ5でフィニッシュできた」

ウイリアムズ、アロンソのお咎めなしに不満。「彼はマッサを”ブレーキ”に使った!」

アロンソとのバトルに大満足のサインツJr.。一方「マッサ次第で5位もありえた」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アメリカGP
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー Felipe Massa , Fernando Alonso
記事タイプ 速報ニュース