マレーシア、F1開催中止を検討

今週末MotoGPを開催するマレーシアは、F1のマレーシアGPの将来について疑問視。開催を中止することを検討している。

 1999年にF1カレンダー入りを果たしたマレーシアGP。しかしここ数年、チケット販売数の減少に苦労していた。

 セパンのCEOであるダトゥク・アフマド・ラズラン・アフマド・ラザリによると、今年のF1グランプリのチケットの販売数は、総数の60%に満たなかったという。一方、今週末に開催が予定されているMotoGPは完売しており、実に対照的な状況だ。また地元のメディアは、今年のマレーシアGPのテレビでの視聴率は、歴史上最も低かったと報告している。

 サーキットは、2018年までのF1開催契約を保持しているが、セパンの株主と財務省は、イベントの将来を決定するための会合を今週開くという。

 ラズランはF1はもはやエキサイティングなスポーツではなく、そして国はグランプリの将来を検討する必要があると語る。

「たぶん、マレーシアは一度開催を止めるのが良いと思う」

 ラズランはそうマレーシアの新聞に語ったと伝えられている。

「もはや製品(F1)はエキサイティングだとは思えない。今は1チームによって支配されている」

 マレーシアの青年・スポーツ大臣であるカイリー・ジャマルディは、F1開催を諦め、MotoGPに集中すべきで、その方がはるかに手頃な価格であると言う。

「我々は、F1の開催を止めるべきだと思う。少なくともしばらくの間は。コストは高すぎるし、効果は限定的だ」

 ジャマルディはツイッターでそう発信した。

「最初にF1を主催する際、それは大事だった。アジアでは、日本以外で最初にF1を開催したんだ。今は多くの会場がある。先駆者としてのアドバンテージはない。目新しくもない」

「我々はMotoGPを開催し続けるべきだと思う。その理由は、1). 安い開催権料とコスト、2). 観戦券の売れ行き、3). マレーシア人のMoto2及びMoto3ライダーがいるということだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , MotoGP
記事タイプ 速報ニュース