メルセデスが鉄壁の1-2。Q1は大渋滞の予感:ロシアGP FP3レポート

ロシアGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録。チームメイトのニコ・ロズベルグが2番手につけ、メルセデス勢が圧倒的な速さを見せた。フェラーリのセバスチャン・ベッテルが3番手。マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンも8位につけ、Q3進出の可能性をグッと引き寄せた。

 ロシアGPのフリー走行3回目。気温16度、路面温度32度という、前日に引き続き涼しいコンディション下で行われた。

 多くのマシンがセッション開始とほぼ同時にコースイン。チェック走行を行う。前日、トラブルのために多くの周回をこなせなかったセバスチャン・ベッテルは、、中古のスーパーソフトタイヤで走行を重ねる。ベッテルはギヤボックス交換があり、5グリッド降格が決まっている。

 セッション序盤でトップタイムを記録したのが、レッドブルのダニエル・リカルド。1分38秒895をスーパーソフトで計測している。残り約46分というところで、セルジオ・ペレス(フォースインディア)がターン13をオーバーラン。コースに復帰しようとランオフエリアで大きく旋回したが、目測を誤ってウォールにぶつかりそうになってしまい、そこでストップ。マーシャルの手を借りるという、ちょっと恥ずかしいミスを喫してしまった。

 ペレスの事故により一時バーチャルセーフティカーの出動が掲示されるが、これもすぐに解除。再びセッションが継続されていく。

 多くのマシンがスーパーソフトタイヤでの走行を行うが、キミ・ライコネンとマノーの2台はソフトタイヤで走行。特にライコネンは、このソフトタイヤでのロングランを行う。一方のベッテルも前述の中古スーパーソフトでロングランを行い、前日の走行距離不足を補おうと精力的に走行を続けていく。

 残り時間約37分というところで、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが1分38秒217でトップタイムを更新。その2分後にはチームメイトのニコ・ロズベルグが、最終コーナーでコースを飛び出しながらも1分37秒722を計測しトップに立つ。ふたりはそのままスーパーソフトタイヤで走り続け、ハミルトンは1周の遅いラップを挟んで再びアタックし、1分37秒325の最速タイム。ロズベルグもこれに負けじと、1分37秒224で更新していく。

 さらにハミルトンは遅い周回を挟んで3回目のアタックへ入り、セクター1で全体の最速、セクター2でも好タイムを計測する。残念ながらターン13でミスがあり、ラップタイムとしてはまとめきれなかったものの、まだタイヤのグリップは十分だということが伺える。つまり、前日見られたようにタイヤのデグラデーションは非常に小さく、多くのマシンが少ないピットストップ回数でレースを走り切ることになる、ということを意味しているだろう。

 残り15分を切ったところで、ロズベルグがこのセッション2セット目のスーパーソフトタイヤを履き、アタックを行う。その他にも、多くのマシンが惜しみなく2セット目のスーパーソフトタイヤを履いて、予選アタックの練習を行う。

 しかしその中で、スーパーソフトの持ち込み本数が他に比べて少なかったフェラーリは、ベッテルとライコネンともに1セットしかスーパーソフトタイヤを使用できない。

 残り10分、ロズベルグはこのタイヤ2回目のアタックで1分36秒783を記録してトップタイムを更新。ハミルトンもこれに続くが、0.17秒ロズベルグには及ばなかった。このふたりの迫ったのがベッテルで、ロズベルグに0.2秒ほど及ばないものの、セクター2で最速タイムを記録して3番手に上がってきている。

 ただ、ロズベルグはまだ速さを隠し持っていた。ロズベルグは3回目のアタックでタイムをさらに更新し、1分36秒471を記録して後続との差を広げる。そしてハミルトンも最後の最後にタイムを更新し、1分36秒403とロズベルグを僅かに上回るタイムを計測。これが、このセッションのトップタイムとなった。

 結局、最終的にはメルセデスAMGのふたりが1-2を占め、その後ろフェラーリの2台、ウイリアムズの2台と続き、トロロッソのマックス・フェルスタッペンを挟んで、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンが8番手につけている。マクラーレンは今回もQ3進出を目標に掲げており、それにグッと近づいた印象だ。バトンのチームメイト、フェルナンド・アロンソは12番手である。

 デグラデーションが少ないロシアGP。予選Q1では多くのマシンが連続走行を行うとみられ、大渋滞の状況となることも予想される。これが番狂わせを生むのか? なお、フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)、レッドブルの2台、カルロス・サインツJr.(トロロッソ)、マクラーレンの2台、ハースの2台が予選以降に向けて5セットの新品のスーパーソフトタイヤを残しており(1セットはQ3専用タイヤ)、特にこの8台はQ3を目指して果敢に走行を重ねていくことになるだろう。注目のロシアGPの予選はこの後すぐだ。

F1ロシアGP フリー走行3回目結果

PosDriverTeamTimeGapLaps
1 United KingdomLewis Hamilton  GermanyMercedes 1:36.403   17
2 GermanyNico Rosberg  GermanyMercedes 1:36.471 +0.068 22
3 GermanySebastian Vettel  ItalyFerrari 1:37.007 +0.604 28
4 FinlandKimi Raikkonen  ItalyFerrari 1:37.727 +1.324 14
5 BrazilFelipe Massa  United KingdomWilliams 1:37.918 +1.515 16
6 FinlandValtteri Bottas  United KingdomWilliams 1:37.985 +1.582 16
7 NetherlandsMax Verstappen  ItalyToro Rosso 1:38.133 +1.730 22
8 United KingdomJenson Button  United KingdomMcLaren 1:38.260 +1.857 14
9 SpainCarlos Sainz Jr.  ItalyToro Rosso 1:38.465 +2.062 25
10 MexicoSergio Perez  IndiaForce India 1:38.542 +2.139 18
11 AustraliaDaniel Ricciardo  AustriaRed Bull Racing 1:38.622 +2.219 23
12 SpainFernando Alonso  United KingdomMcLaren 1:38.633 +2.230 12
13 RussiaDaniil Kvyat  AustriaRed Bull Racing 1:39.047 +2.644 15
14 GermanyNico Hulkenberg  IndiaForce India 1:39.162 +2.759 16
15 MexicoEsteban Gutierrez  United StatesHaas F1 Team 1:39.230 +2.827 18
16 DenmarkKevin Magnussen  FranceRenault F1 Team 1:39.238 +2.835 16
17 FranceRomain Grosjean  United StatesHaas F1 Team 1:39.239 +2.836 15
18 United KingdomJolyon Palmer  FranceRenault F1 Team 1:39.589 +3.186 19
19 IndonesiaRio Haryanto  United KingdomManor Racing 1:39.599 +3.196 19
20 GermanyPascal Wehrlein  United KingdomManor Racing 1:39.663 +3.260 18
21 SwedenMarcus Ericsson  SwitzerlandSauber 1:39.740 +3.337 23
22 BrazilFelipe Nasr  SwitzerlandSauber 1:39.898 +3.495 19

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ロシアGP
サブイベント 土曜日 フリー走行3回目
サーキット ソチ・アウトドローモ
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
記事タイプ フリー走行レポート