「メルセデスの独占状態に終止符を打つのはマクラーレン」とデニス

ロン・デニスは、メルセデス独占状態のF1に終止符を打つのはマクラーレンであると主張する。

「正直に申し上げて、メルセデスの後にワールドチャンピオンになるのは、我々マクラーレンであると信じている」とデニスはBBCに語った。

「我々は、他の人よりも先に、ゴールを掴むだろう」

「非常に困難なことだが、我々の技術陣、そしてホンダには確固たる信念がある」とデニスは付け加える。

 メルセデスは2014年と2015年にダブルタイトルを獲り、43レースのうち36勝を挙げている。まさに新V6ターボ時代のF1を支配していると言える。そして今年2016年も、2015年シーズン同様の強さを見せ続けている。

 一方、マクラーレンは2012年のブラジルGP以来レースに勝っていない。そして、昨年からホンダと組んで以降、競争力の面では苦労している。

 しかしデニスは、2017年シーズンからのレギュレーション変更が、彼のチームが一歩前に踏み出すために、良い機会だと語っている。

「2017年のレギュレーションは、活躍の場を均等にする。そして、我々がホンダと共に、(メルセデスを)キャッチアップするには十分な時間がある。だから、来年は我々にとって非常に良いチャンスとなるだろう」とデニスは語っている。

「我々はレースに勝てると思う」

「選手権の行方を予想する必要はない。しかし、メルセデスを今の地位から追いやることを、すべての人々(チーム)が挑戦することになるだろう。そして、私は純粋に信じることができる理由を持っている。我々は、他の誰よりも早く、そこにたどり着くだろう」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム McLaren , Mercedes
記事タイプ 速報ニュース