「メルセデスはモナコで反撃しなければ」チーム代表ウォルフが語る

メルセデスのボスであるトト・ウォルフは、チームはスペインでのニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンの同士討ちから立ち直り、モナコで”反撃”しなければならないと語っている。

 ロズベルグとハミルトンは、1周目にレースをリードしていたにもかかわらず、レッドブルのマックス・フェルスタッペンのF1初優勝への道を開いてしまった。

 閉められたドアの向こうで議論が行われたが、ウォルフはふたりのドライバーが、事件から何かを学んだはずだと確信している。この仲違いは、チームがレッドブルとフェラーリがさらに勝ち星を集めることを止めるための努力に、影響ないと。

「確かに、バルセロナは非常にキツかった」とウォルフは月曜日に語っている。

「我々は逃したチャンスに動揺した……しかし、これがレースだ。でもドライバーは、我々がどのように行動すべきか知っている」

「チームは彼らに可能な限り最高のクルマを与える必要があり、彼らは彼らで最高の成績を得る必要がある。そして、それらを持ち帰るんだ」

「我々が彼らは失望させた時、謝罪し、同じことが起こらないように努める。それは通常のことだ。我々は共に対処し、さらに前進していかなければならない」

「今、我々はモナコに行き、全く異なるチャレンジをする」

「我々は競合チームがステップアップしてきているのを見た。今後激しいバトルに巻き込まれることになるだろう。フェラーリとの激しい戦いの結果、バルセロナではレッドブルがトップに立った。これにより、もうひとつの角度から、我々が攻めを受ける可能性があるということが明らかだ」

「我々にボールを落とすような余裕はない。団結し続けて強さを保ち、そして今週末に反撃しなければ」

モナコで試されること

 ハミルトンは、メルセデスがスペインGPで起きたことを再びモナコで起こさせないことが、重要であると考えている。

「バルセロナは最悪だった。でも、こういう時はいつもそう言う。本当の試練は、打ちのめされた時にいかにバックアップするか……ということだ」とハミルトンは言う。

「(バルセロナの)レースの後は、僕らにとって非常にキツい時間だった。でも、今はもうそれは終わって、モナコを見据えているんだ」

 また、ロズベルグも語る。

「スペインで事件が起きた後はがっかりした。自分にとってもそうだけど、それ以上にチームに対して申し訳なかった。僕らは共にいる。そして、この素晴らしいクルマを作り上げるために、みんながどれほど働いているか、僕は知っている。それなのに、僕たちが2台揃ってグラベルにハマるという最悪のシナリオをもたらしてしまった。しかし、僕らは話をしたし、今ではその時は過ぎ、過去のモノとなっているんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース