メルセデス、スパに持ち込んだパワーユニットに5トークンを使用

メルセデスは、パワーユニット改良トークンを5つ費やしアップグレードしたパワーユニットを、今週のベルギーGPに投入したことを認めた。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、今後パワーユニットのコンポーネントが不足してしまう可能性が高いため、今週のベルギーGPで新しいコンポーネントを導入している。この新しいコンポーネントは、パワーユニットの改良トークン5を使用したアップグレード版であるようだ。

 フリー走行1と2の両方でハミルトンは、年間の使用制限である5基を超えた6基目、7基目のターボチャージャーとMGU-Hを投入したため、彼が受けるペナルティは、金曜日を終えた時点で30グリッドダウンである。

 彼はすでにグリッドの最後方付近になることが決定しているため、それ以上のペナルティを受けることはない。そのため、メルセデスはフリー走行3で、さらに追加の新しいコンポーネントを、ペナルティなしで投入することも可能だ。

カスタマーへの供給プラン

 メルセデスはアップデートの詳細を明らかにしていないが、ハミルトンと彼のチームメイトであるニコ・ロズベルグはこの改善の恩恵を得る。

 メルセデスのカスタマーは新しいパーツをまだ使えておらず、ドイツGPで使用されていたコンポーネントが最新のものである。しかし、彼らが次回のイタリアGPで新しいパーツを必要とした場合、これを投入することは可能なようだ。

 ベルギーでのアップグレードで、メルセデスの今季残りのトークンは6となった。現段階では残りのトークンをいつ使うのかは不透明である。

 パワーユニットのマニュファクチャラーは、以下の数のトークンを現在までに消費している。

フェラーリ 29(残り3)

ホンダ   29(残り3)

メルセデス 26(残り6)

ルノー   11(残り21)

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース