メルセデス、予選では使用予定のエンジンモードを使えず

メルセデスは、予選用のエンジンモードを使うことができず、先週のトラブルに引き続き原因解明に努めると話した。

 先週のマレーシアGPで、メルセデスのルイス・ハミルトンがエンジンブローでリタイアしたことをきっかけに、メルセデスは日本GPではランニングパラメーターを変更することを選択した。この変更には、異なるオイルの基準や、エンジンモードがアグレッシブになりすぎないようにすることなどが含まれる。

 土曜日の予選では、0.3秒ほどのブーストが見込まれていたエンジンモードが使えず、このおかげでフェラーリは、予選でメルセデスから0.3秒以内のタイムをマークすることができた。

 メルセデスのチーム代表のトト・ウルフは、エンジンモードが使えなかった原因はすでに明らかにされており、レースではペースが落ちすぎないことを願っていると話した。

「できる限り際どいドライビングを避けるために、安全な方法をとった」

「実際はわからないが、これでエンジンを労われるかもしれない」

「予選ほどペース不足にはならないだろうが、レースではラップタイムにも影響があるかもしれない」

 ウルフは、ハミルトンのトラブルの原因を突き詰めるためにも、あのトラブルから物事を考える余裕があれば良いと願っている。

「あんなことでチャンピオンシップを妨害したくなかったし、マレーシアで起きたことは最悪のケースだった」

「F1はメカニカルスポーツだけど、できるだけミスを避けようとしている。でも1週間では、すべての問題を考えることはできない」

「様々な方法でこの問題を考えてきたけど、これについてはコメントできない。でも、我々に絶対的な保証はないし、明日はトラブルが起きないという安心感もない。今は厳しい状況だ」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース