ライコネン、メルセデスの優位性は”パワーユニットモードの変更”と推測

キミ・ライコネンは、メルセデスが予選に向けてエンジンのモードを変更することができる能力が、彼らの強さの秘訣だと考えている。

 フェラーリは今季序盤、メルセデスに近づくことができた。しかしシーズンが進むにつれてその差は広がり、現在ではレッドブルの先行も許してしまっている。

 メルセデスのアドバンテージのひとつとして、パワーユニットのモード変更が知られている。彼らは予選、そして決勝レース中の必要な時に、パワーユニットのモードを変え、ブーストを行っているとみられる。その効果は、1周あたり0.3秒ほどだ。

 フェラーリのキミ・ライコネンは、マレーシアGPでのニコ・ロズベルグとの戦いにおいて、パワーユニットモードを変更することを、チームに嘆願した。この理由のひとつが、このメルセデスの”パワーユニットのモード変更”だったという。

 フェラーリとメルセデスの最大の違いのひとつは、そのパワーユニットのモード変更にあるのではないかと訊かれたライコネンは、次のように説明した。

「彼らが何をするか、そしてどのくらいの違いがあるのかを推測しただけなんだ。しかし、僕らはそれを以前にも見てきた。レース中のコンディションもしくは予選で、彼らはより速くなる。すべてのマシンにはGPSが搭載されているから、何が起きたのか見ることができるんだ」

「僕らはできる限りのことをするしかない。物事を改善する必要があるが、これは新しいことではない。他の人たちに挑戦できるように、クルマを速くしなきゃいけない。新しいことは何もないよ。1年のほとんどの間、彼らは僕らよりも速くなっている。これは僕らがプッシュし、改善していかなければいけない領域だ」

 ロズベルグにターン2でオーバーテイクされたことで、ライコネンはマレーシアGPを4位で終えた。ライコネンはフェラーリの今のクルマではこれ以上のことはできず、そのスピードを欠いていると語る。

「僕らは常に、すべての領域を改善しようとしている」

 ライコネンはそう語った。

「予選では、僕らはメルセデスほど速くはない。そして、突然レースで彼らを負かすことを期待するのは難しい。しかしレースでは、通常なら僕らはより強くはなる」

「マシンは扱いやすいけど、ただ速さが足りないんだ。我々には大きな問題がある。それはひとつやふたつじゃない。そして、それが僕らが彼らほど速くない理由だ。もっとグリップが欲しいし、よりパワーが欲しい。そして、すべてを速くしたい。我々の目標は、すべてのエリアを改善することだ」

「それらを見つけるのは、簡単じゃない。そうでなければ、すべてのドライバーが最速のドライバーと同じくらい速く走ることだろう。すべてのことを改善しているところだけど、それは僕らだけではないんだ。僕らは働き続け、プッシュし、そして改善を果たし、すべてのレースを戦う」

「ひとつのシーズンが終われば、僕らは来年のことを考え始める。そしてすべてのエリアで改善できるためのものを探すんだ」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Kimi Raikkonen
チーム Ferrari , Mercedes
記事タイプ 速報ニュース