リカルド「モナコで逃した勝利を取り返したい」

ダニエル・リカルドは、今週末のシンガポールではレッドブルにもチャンスがあるかもしれないと考えている。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、モナコGPで勝利が見えていにもかかわらず、チームがピットストップ作戦を失敗してしまったために、ルイス・ハミルトン(メルセデス)に勝利を奪われてしまった。

 それ以来レッドブルのペースは改善し、シンガポールや鈴鹿のようなダウンフォースが要求されるサーキットにおいて、シャシーのポテンシャルを発揮出来るような段階に向かっている。

 今シーズン中にレースに勝てると考えているかとmotorsport.comが質問すると、リカルドはこう答えた。

「そう思ってるよ。十分な自信はないけど、もしカルマ(ヒンドゥー教の法則)か何かが作用すれば、どこかでモナコの勝利を取り戻せると考えたいね」

「シンガポールのトラックには期待したい。勝利を手にしているとは絶対に思わないけど、週末を通していい仕事ができれば、僕にもチャンスはある。シンガポールはチャンスのあるサーキットのひとつだ」

「チャンスはあるけど簡単じゃない」

 レッドブルは今年、フロントの空力を熱心に開発しているが、リカルドはフロントの調整をしてもすぐにはスピードの増加につながらないと考えている。

 その代わり彼は、幅広い作戦を実行することでマシンが改善されてきたと考えている。

「レース毎に少しずつ良くなっていて、それが積み重なって小さな違いを生むことになる」

「アップデートが施されて、フロントウイングに小さなウイングをつけても、それはガーニーのようにスピードにつながるわけでもないし、ラップタイムが改善するわけでもない」

「視野を広げれば、もっと簡単にマシンに自信を持てる。たとえダウンフォースを得られなかっとしても、正しいセットアップをみつけられる機会が増えるかもしれない。そうなればハッピーだ。その時はスピードも増すだろうね。そういうことだよ。とても良いことだ」

「金曜日は、持ち込んだマシンのことを考えても、あまりたくさんのことはしない。そこからいくらか変更はするけど、タイヤをもう一度考えたりはしないからね」

「タイヤのことを考えると、昨年の自分たちポジションを思い出す。良い結果を出すのは難しいし、週末に合ったセットアップを見つけるのも簡単じゃない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Daniel Ricciardo
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース