リカルド「ランオフエリアの拡大が、F1をダメにしている」

ダニエル・リカルドは、大規模なランオフエリアがF1の魅力を削いでいると指摘。F1にはよりリスクが必要だと語る。

 バーニー・エクレストンは今週初めに、トラック制限を越えたドライバーがペナルティを受けるのは、ショーのためには良いものではないと語った。

「私は各コーナーに40cmの壁を作りたかった。しかし、私はおそらく誰からも批判されてきた。彼らは『道をはみ出してはならない』と言い続けるんだ」

 そうエクレストンは言う。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、このエクレストンの意見に合意している。

「壁を作るのは、かなり良い案だと思う」

 そうリカルドは言う。

「僕は壁を作る案は好きだね。それは永久的なものだし」

「モナコでのハミルトンは、僕の攻撃を避けるために、シケインをショートカットしたんだ。もし壁がそこにあったら、幸せな1日になっていただろうね。僕はレースに勝ったんだろうし」

「広い空間があるサーキットはあまり面白くない。少なくとも、そこには何か抑止力となるべきものがあるべきだ。僕は、ストリートコースが大好きなんだ」

 ドライバーがミスをしても、何のリスクもなくコースに戻ることができる。リカルドはそういう状況がF1を良く見せていないと考えている。

「僕らはそれについて常に話をしている。さらにドライバーズミーティングでは、いくつかの場所をグラベルトラップに戻すべきだということもね」

 そうリカルドは付け加える。

「”スピードバンプ”の縁石は、確かに一部の場所では機能している。それは改善されているけど、ドライバーがコースオフした時は、コースに戻ることができ、そして大したペナルティを受けないんだ」

「もしコーナーをワイドに行ってしまった時、そしてミスをした時には、いくらかのタイムを失うべきなんだ。それが僕を失望させている、主な理由だと思う」

「今は僕らが完璧ではなくても、あまりにも多くのことができる。そして、僕たちがミスを犯しても、常にそのためのペナルティを受けないというのは、あまり良く見えないんだ」

【関連ニュース】

クビアト「新しいルールを作るよりも、ドライバー個人を重視してほしい」

マッサ、アメリカGPでの”不必要なVSC”に憤慨。「VSC出動の基準を見直すべき」

マッサ、接触の不満収まらず。「アロンソはスチュワードに”親友”がいたんだろう」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Daniel Ricciardo
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース