リカルド「VSCでタイムアタックができなかったが、ロングランは大成功だった」

レッドブルのふたりは好調だった金曜日を振り返り、雨予報の土曜日に対する意気込みを語った。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドは、FP1を5位と6位で終えた。FP2でフェルスタッペンはトップのニコ・ロズベルグ(メルセデス)に0.8秒差で4位に迫ったのに対し、リカルドはトップ10入りを逃し12位で金曜日を終えた。

 しかし、レッドブルのふたりは、マレーシアGPと同様に安定したロングランを記録した。

「これまでの中でも最高の金曜日だった」とフェルスタッペンは語った。

「すべてがうまくいった。マシンのコントロール具合やロングランのペースが良かった。僕たちはとても満足している」

「鈴鹿サーキットは、僕たちにとって相性のいいサーキットのはずだ。今日の結果で、僕たちはいいところまで行けたのがわかったと思う。バーチャルセーフティーカーでタイムアタックする時間が短くなってしまったから、まだ実際のところはわからないけど」

 ふたりのロングランが、メルセデス勢のペースに匹敵していたかどうかという質問に対し、フェルスタッペンは応えた。

「していたと思うよ。ふたつのタイヤのうち、ハードタイヤは本当にかなり良かった。しかし、彼らのエンジンが正常な状態であったかどうか、確認できなければ判断できないと思う」

 またフェルスタッペンの考えにリカルドは同調した。

「僕にとってかなり良い1日だったと思う。特に良い午後になった。僕たちは今朝からいくつか改良を施した。それによってロングランが良いものになったと思う」

 しかしリカルドは、午後のラップタイムがフェラーリに及ばなかったことを認めた。フェラーリのライコネンはFP2でメルセデス勢の後ろの3位に付けている。

「中断されてしまったタイムアタックは、1分32秒台へ行けた思う。だから間違いなくキミ(・ライコネン)のタイムの後ろにいれるはずだ。フェラーリは強敵に見えるかもしれないけど、(僕たちからすれば)今日の走りを見る限り近いところにいるように見えた」

「僕たちが予選を上がっていけるのは、鈴鹿(日本GP)だと思う。僕たちにはまだ強くなる余裕があるし、うまくいけば、フェラーリの先のメルセデスの近くに行ける。しかし、今日のキミのタイムはかなり手堅いものだった」

願わくば”ウエットコンディション”

 レッドブルのふたりは、土曜日が雨になることを歓迎しており、ウエットならば最前列を狙っていくチャンスもあることを認めた。

「僕たちがフロントロウを占めるを手助けしてくれるのは、やはりウエットコンディションだ」とリカルドは語った。

「僕は鈴鹿が好きだ。鈴鹿がウエットになる場合の準備はできている。どちらにせよ楽しみだ。僕たちは自分たちのパフォーマンスを存分に発揮できる」

 それにフェルスタッペンは付け足した。

「マシンバランスをしっかり調整できた場合、ウエットコンディションのレッドブルはとても強くなる。僕たちにとって素晴らしい武器だよ」

「ウエットでも、僕たちはいい仕事ができるチャンスを多く持っている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Daniel Ricciardo , Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース