レッドブルはクビアトをまだ信じている

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ダニール・クビアトがスクーデリア・トロロッソに移籍したのは、レッドブルがまだ彼を信じている事を証明していると語る。

  ダニエル・クビアトとの契約を解除しないのは、「レッドブルが彼をいまだに見放していない証拠だ」と、レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは示唆した。スペインGPに先立ち、クビアトはトロロッソへ降格させられ、代わりにマックス・フェルスタッベンがレッドブルのシートを獲得した。

 周りの多くの人々がこの措置を厳しすぎると見ていても、レッドブルで過去に低迷したドライバーたちがチームを去っていったことを考えれば、レッドブルがクビアトをグループにとどめていることは、彼にとって何らかの慰めになるだろう、とホーナーは指摘した。

「とても厳しい決断だったし、ダニーを気の毒だとは思う」とホーナーは認めた。

「とは言え、もう彼はレッドブルのマシンを運転してはいないが、競争力のあるF1マシンを運転する事に違いはない」

「レッドブルやトロロッソで成功しなかった他のドライバーがチームに残っていないと言う事実は、彼にとって慰めになるだろう」

「F1で、レッドブルがふたつのチームに投じている資金は何千万ポンドににものぼる。もし、我々が彼の才能を信じていなかったらば、彼をチームに残す事はしない」

「トロロッソで彼は自信と本来の調子を取り戻せるはずだ。その時に、また彼を評価することになる」

調子を落としているのが、データで確認できた

 クビアトの降格は簡単な決定ではなかったが、レッドブルが集めたデータは、このロシア人レーサーが“悪戦苦闘”していたことを示していた、とホーナーは述べた。

「我々のこの決定を厳しすぎるとか、不当だと判断する人も多くいるだろう。しかしレッドブルは他チームとは違い、レッドブルとトロロッソの2チーム合計で4つのシートを持つという、特殊な立場にある。そして現在、相対的に見てこの4つのシートは非常に高い競争力を持っている」

「我々は、ドライバーに関する非常に多くの情報をジュニアプログラムから入手している。彼等がどのように成長するかをシミュレートし、彼等のマシン上でのパフォーマンスを分析して、膨大な量のデータと知識および情報を生成している」

「我々は、ダニールがチームメイトと比較すると、少し調子を落としており、それが一貫して続いていると言う結論に辿り着いた」

「そして、マックスに対する議論が生じた」

 まだ4戦が終わったばかりというところでラインアップを入れ替えるのは、早急すぎるため、レッドブルは決定を伸ばすことも考えた、とホーナーは語った。

「シルバーストンのテスト後まで待つ事も出来たし、今年後半まで待つ事も出来た。しかし、どうせ行うならば、ヨーロッパラウンド序盤で実行することを我々は選択したんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Daniil Kvyat
チーム Red Bull Racing , Toro Rosso
記事タイプ 速報ニュース