ロズベルグのトラブルは水漏れ。しかし原因は不明

メルセデスのパディ・ロウは、ロズベルグはFP2を走れなかったが、ハミルトンの走行により恩恵を受けることができると考えている。

 メルセデスのテクニカルディレクターであるパディ・ロウは、ニコ・ロズベルグはイギリスGP初日のフリー走行2回目をトラブルにより満足に走行できなかったが、ルイス・ハミルトンが走行を重ねデータを蓄積したことにより、恩恵を被ることができるだろうと考えている。

 ロズベルグは水漏れが原因で、イギリスGPのフリー走行2回目を全く走ることができなかった。

「ニコにとっては素晴らしいことではなかった」

 ロウはスカイスポーツに対してそう語っている。

「チームにとっての課題という面では、ルイスがFP2で素晴らしい仕事をしてくれた。彼はソフトとミディアム両方のタイヤで、燃料搭載量を多くした走行と少なくしての走行の双方を実行した。我々は予選と決勝に向け、両方のクルマに必要なデータを得ることができた。ニコはルイスのデータから、恩恵を受けることができると思う」

「FP3では、ニコはすぐにスピードを上げることができるだろう。そして、予選を前にして彼のものにすることができるはずだ」

「オーストリアで彼がしたことを見ただろう。彼はFP3をサスペンショントラブルで棒に振った後、予選ですぐに各セクターで最速タイムを3つ並べた。彼はそういう能力を持っている」

「FP1では、ルイスとニコの間に、非常にエキサイティングな小さな競争があった。彼らは本当に良いペースで最速ラップを出し合ったんだ」

水漏れの原因は不明

 水漏れがロズベルグの走行機会を奪った。しかしロウは、その水漏れの原因は不明だと語る。

「正直に言えば、正確な原因は分からない」とロウは言う。

「我々は原因を調べるために、クルマを分解した。セッションが開始される直前に、小さな水漏れの兆候が見つかったんだ」

「それは非常に小さな水漏れだったので、修復することなく走れることを期待した。しかし最終的に我々は、エンジンを保護するために慎重な方法を採った。ダメージを及ぼすリスクがあったからね」

「これは金曜日用エンジンなので、再びレースで使うつもりのないものだ。しかし、もし原因がある場合、我々はそうする。我々はこの段階ではまだ、エンジンが損傷する危険を冒したくはなかった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース