ロズベルグ「ハミルトンが追いついてくることは分かっていた」としながら、タイトル争いに集中

ハミルトンにランキングトップを奪われてしまったロズベルグが、今後への期待を語る。

 ハンガリーGPの前、ニコ・ロズベルグはチームメイトのルイス・ハミルトンがいいレースをしていることには影響されていないし、ドライバーズランキングを見れば、今年自分がいい仕事をしていることがわかるだろうと話した。

 決勝を終えて、ハミルトンと順位が入れ替わったことは事実だが、それを重要視していないという。

「単純なことだ。このレースでルイスは一番いい仕事をしたんだ。6ポイント分ね」

「それだけのことだ。順位が変わっただけで、自分にとってあまり大きな変化ではない。点差は小さいし、僕はすべてのレースで勝利の機会を得ている」

「ここ最近のレースはとても接近していて、小さなことがうまく機能しなかった。僕はとてもやる気にあふれているし、次のホッケンハイムのレースでは、うまくいくことを願っている」

「おそらく素晴らしいレースになるだろうし、そこでうまくやる機会はあるはずだ」

 ロズベルグは、いいシーズンを過ごせていると話している。

「これまで話してきたように、僕はいつもポイントを勘定していたわけじゃないけど、彼が追いついてくることは予想していた。いつも48ポイントもリードしていることを考えていたわけじゃない」

「状況が良くなったり悪くなったり流動的で、いつもルイスとはタフなバトルをしてきた。彼はワールドチャンピオンだからね」

「いつもレースに目を向けてきて、ここで勝つことに集中してきた。ハンガリーで勝ちたかったし、今日はとてもがっかりしている。ポイントの事でがっかりしているんじゃない」

「だけどまたすぐにワクワクしているよ。ホームレースだし、ありがたいことに5日でまたレースに戻れる。これは、ハンガリーみたいなレースの後ではすごく嬉しいよ。今日のことを早く忘れられるし、次に向けて興奮しているし、ホームのファンの前でスリルがある。ここで勝つために挑戦するよ」

「状況は良くなっているよ。ここで2014年以来の勝利を望んでいる。いい思い出だし、気持ちよくレースに向かえる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース