ロズベルグ「ペナルティを受けたのには、本当に驚いた」

ロズベルグはペナルティを科せられたことにショックを受け、そしてドイツGPに勝てなかったことを受け入れるのには時間がかかると語った。

 ポールポジションからレースをスタートしたロズベルグは、スタートを失敗し4番手に後退、その後、フェルスタッペンを抜くときに彼をトラックから押し出したとして、5秒のタイム加算ペナルティが課された。

 結局ロズベルグは4位でレースを終え、ドライバーズランキングでは、レースに勝ったチームメイトのルイス・ハミルトンに19ポイント差をつけられてしまった。

「19ポイントは全く難しいことじゃない。今日のレースで勝てなかったことが辛い」とロズベルグは述べた。

「本当にタフなレースだった。今日のことを受け入れるのに時間がかかりそうだ」

 またピットストップでは、5秒のロスだけでなく、8.2秒もロスしてしまったロズベルグは、こう話した。

「ペナルティを受けたことは本当に驚いた。全く予想していなかったからね。これで今日は本当に悪い日になった」

「これらのことが全部一緒に起きたけど、最終的にそれが重要だったとは思わない。いずれにせよ、ペナルティの後では、レッドブルと勝負できなかった」

 レッドブルのペースについては、「ペナルティがなければ彼らの前に出れた。あれは本当に痛手だった」と話した。

「彼らが良いペースで走っていたのは本当だ。レッドブルには注意が必要だ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ドイツGP
サーキット ホッケンハイム
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース