ロズベルグ、ミスを認めるも「バトルに集中していた」

ニコ・ロスベルグはエンジンモードの選択が間違っていたことを認めたが、それはすぐに修正されたと話す。そして、そのミスがハミルトンの動きを把握することに影響を及ぼさなかったと主張している。

 ニコ・ロズベルグは、1周目にルイス・ハミルトンと接触しリタイアした。その原因は、エンジンモードの設定ミスと指摘されているが、「ハミルトンとのバトルに集中していた」と、それが事故の直接の原因になったことを否定している。

「それを決定するために押さなければいけないボタンがある。見るまでもなく、それは僕がよく知っている。なぜなら、それば僕のオーバーテイクボタンで、いつも使うモノだからだ」

「僕はそれをちょうど押したんだ。しかし、ルイスとのバトルに完全に集中していた」

 ロズベルグは、スローダウンをし、そしてレーシングラインにいなかったとの主張に反論する。

「それは正しくない。僕は彼がどこにいるか、常に分かっていた。バトルを完全に認識していたんだ」

「もっとエンジンパワーを得る方法は、僕にとってはオーバーテイクボタンだった。それを押したことは、モニターで確認できる。僕はそのボタンを頻繁に使用するから、いちいち見て押す必要はない。それがどにあるか知っているからね。それは、左手の左上部にある」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー Nico Rosberg
記事タイプ 速報ニュース