ロン・デニス、クリス・エイモンを偲ぶ「未勝利の中で最速のドライバーのひとり」

ロン・デニスはチームが発表した声明の中で、クリス・エイモンの死を悼んだ

 マクラーレン・グループのCEOであるロン・デニスは、チームの発表した声明の中で、エイモンに対して追悼のメッセージを送った。

「今朝、クリス・エイモンが亡くなったというニュースを聞いて、私は深い悲しみに暮れている」

「彼は96レースに出走したが、勝つことはなかった。勝てなかったが、最も偉大なレーシングドライバーだ。彼はもう少しで勝てそうだったのに、チェッカーを受ける前にいつも不運に見舞われた」

「しかし、ちょうど50年前、7リッターのフォードをドライブしてル・マンで勝利した。彼のコドライバーであり、友人であり、同朋のブルース・マクラーレンと共に、彼らの名前は、私が人生を捧げたチームに今も栄光を与えている」

「長い間私はクリスに会わなかったが、彼の思い出はいくつも思い出せる。私の長いレースキャリアの中で、彼は本当に魅力のあるドライバーのひとりだったと言える」

「そういうわけで、私は、友人でもあり家族でもあった本物のジェントルマン、最速のレーシングドライバーのひとりでもある偉大なニュージーランド人のクリストファー・アーサー・エイモンへ、マクラーレンのスタッフ3300人全員の深い悲しみを述べた」

「彼には安らかに眠ってほしい」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース