今季予選でチームメイトに初敗北。リカルド「あちこちでミスをした」

レッドブルのダニエル・リカルドは、予選でチームメイトのマックス・フェルスタッペンの成績を下回った。これは彼にとって、今季初めての予選での敗北を意味する。

 これまでの9レースでレッドブルのダニエル・リカルドは、マックス・フェルスタッペンや以前のチームメイトのダニール・クビアトを上回ってきた。しかしイギリスGPのQ3では、フェルスタッペンを上回ることはできなかった。

 レッドブルのふたりは、明日の決勝レースを3番手と4番手からスタートする。もちろん前にいるのはメルセデスだけだ。

「今年初めてのことだ。いつもチームメイトに勝とうとしてきたんだけどね。完璧なシーズンを過ごせればいいけど、今日はあちこちでミスをした」

「マシンは高速域でもいいし、自信はあったよ。低速に関しても、最後のシケインを綺麗に走ることができた。今日の唯一の弱点は、常に風向きが変わってとてもトリッキーだったことだ。だけどそれは全員にとって同じ条件だ。ひとつミスをすると犠牲がとても大きい」

「今日は100%引き出すことができなかった。明日が重要だから、最大限トライして、ポディウムを獲得する。僕の視線はもうそこに向いているよ」

「メルセデスはとても速そうだ。1分30秒を切っていたのはとても印象的だった。僕にとっては全然嬉しくないけどね! フェラーリの存在は僕らに有利になりそうだ。しかし、3位は誰にでも可能性がある。明日のレースを見てみよう。心配しても仕方ない」

ホーナー「メルセデスが苦しんでくれたらいい」

 チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、予選でフェラーリを2台とも上回ったことを喜んでおり、シーズンの半分が終わるときには、コンストラクターズ選手権でチームを2位に押し上げるような流れができることを望んでいる。

「2台ともセカンドローを獲得できるようにペースを改善したことは、今週末に向けて我々が期待していたこと以上の結果だ」と、ホーナーはSky Sport F1に話した。

「願わくばメルセデスには苦労してほしいね。我々のロングランのペースはショートランよりいいからね」

「我々はコンストラクターズ選手権でフェラーリの24ポイント後ろにいる。だからもし今週末いくらかポイントを取れたら、その後は我々の得意なサーキットが控えている」

 リカルドが今季初めて予選でチームメイトに負けてしまったことについてホーナーはこう付け加えた。

「マックスがレッドブルに来てから、ダニエルを上回ったのは初めてだ。そこからマックスは自信を得ると思うよ」

「ふたりはとても接戦だ。マックスは完全にうまくやったし、要求された仕事もこなした。実際、彼の最初のラップは大したものだった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー Daniel Ricciardo , Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース