今季初勝利をまたもや逃したリカルド「がっかりするつもりはない、完璧なレースだった」

シンガポールGPを振り返ったリカルドは、自分の完璧なレースに満足している。

 今季、モナコGPなど数戦で優勝を逃した、レッドブルのダニエル・リカルド。今回のシンガポールGPでも、再び優勝を追っていた。47周目に新品のスーパーソフトタイヤを投入し猛進。最後のチェッカーフラッグ時には、首位を走るニコ・ロズベルグ(メルセデス)の約0.5秒差まで追い詰めたが、結果は2位。またもや今季の初勝利を逃した。しかし、彼は自分のレースに満足している様子だ。

「今シーズン、僕たちは優勝の一歩手前になることが多いね」とリカルドは語った。

「2位でがっかりするつもりはないよ」

「僕たちはレース終盤にあの戦略を試してみたんだ。それで2位になった。でも、再び表彰台に上がれたことは素晴らしいことだよ」

 レース後の記者会見でリカルドは、今回のレースを振り返り、こう付け加えた。

「僕はやるべきことをやったんだ。本当に満足している。完璧なレースだったよ」

「今日のレースをもっと完璧にするとしたら、スタートの仕方かな。ニコはうまく逃げて行ったよ。でも、もし完璧なスタートができていたとしても、僕たちの順位は変わらなかったかもしれないね」

「チームは3ストップ作戦を立てて、僕はそれをプッシュした。それによってオーバーテイクが困難なシンガポールGPでも、前に近づいていけることは想定していたよ」

「最終ラップまでニコにプレッシャーをかけることができた、ナイスなプッシュだったよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー Daniel Ricciardo
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース