南イタリアのバーリで、2020年から地中海GP開催か?

イタリア南部の都市バーリは、2020年から地中海GPを開催すべく、バーニー・エクレストンとの交渉を開始した。

 イタリア南部の都市バーリは、アドリア海に面した港湾都市。南イタリアの観光の玄関口ともなっている。このバーリで、2020年から地中海GPを行う計画が持ち上がっており、すでにバーニー・エクレストンとの交渉も開始されたという。

 イタリアの事業家であるファビオ・モンテカルヴォが率いるグループは、このグランプリの資金として、すでに2億ユーロ(約230億円)を確保し、開催実現に対する支持を集めるための活動を本格化させたようだ。

 モンテカルヴォはスポーツマーケティング企業であるFMコミュニケーションの代表であり、サッカーの世界などでも時折名前が出てくる人物である。また、多くの有力実業家の支援も受けていると思われる。

 この地中海GPは、バーリのフィエラ・デル・レヴァンテ地域を周回する公道コースを使うことが計画されていて、海に面したホームストレッチを含むと言う。また、グランドスタンドやパドッククラブ、そしてホスピタリティエリアは、水上に浮かぶことになるようだ。

 モンテカルヴォのグループの代表者はモナコGPを訪れ、エクレストンと会談している。そして今週末のオーストリアで、関心を集めるべくプロモーションを実施している。

 彼らは「#BeatochimiPuglia!」と名付けられたプロモーション活動を世界中で展開する予定で、地中海GPの計画について説明している。この活動は一番最初にモナコで行われた。

 なおバーリでは1947年から1956年にかけて、市街地コースを使ってF1(世界選手権には含まれていない)やスポーツカーのレースを行ったことがあるという。また同じ南イタリアのペスカーラでは、1957年に1度、市街地コースを使ってグランプリを開催(ペスカーラGP)を開催し、スターリング・モスが優勝している。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース