圧勝のロズベルグ、パディ・ロウ「難しい週末だった」

メルセデスのパディ・ロウは、ベルギーGPでロズベルグが楽勝だったわけではないと語った。

 チャンピオン争いのライバルであるルイス・ハミルトンがペナルティを受けていたため、ニコ・ロズベルグは『楽勝』だったと広く思われている。だがメルセデスのエクゼクティブ・ディレクターであるパディ・ロウは、結果から想像されるほどロズベルグにとって簡単な週末ではなかったと主張している。

「全く間違っていると思うよ」とロウはMotorsport.comに語った。

「予選ではポールポジションを獲得するのにかなり苦労した」

「ロズベルグのソフトタイヤでのアタックラップは本当に素晴らしかった。ガレージにいるルイスと争っていないというのは良いことだったが、それはつまり参考になるものがないということだ。予選での彼は本当に良い仕事をした」

「決勝で、タイヤの性能と耐久性の間で不安定なタイヤを管理するのがどれほど難しいか、皆さんには、そして僕でさえもわからない。今日はニコがそれをうまくやってのけたんだ」

「タイヤの最低内圧が非常に高く、今週末の課題のひとつだった」

「1年前ここスパでタイヤに問題が発生して、それがタイヤの面で今回のレースを非常に難しくした。モンツァでは、内圧の問題はこんなに深刻にはならないと考えている」

 ロウは、ハミルトンの3位という結果は、誰も予想できないほど良い結果だったと認めた。

「我々には、ルイスが表彰台に乗るなんて予測できなかった。人々は我々が巨大なアドバンテージを持っていると考えているかもしれないが、そうではない」

「通常の状況では、レッドブルとフェラーリを後方から追い抜くのはとても難しいだろう」

「明らかに、マックス(フェルスタッペン)とフェラーリの2台が脱落したことでルイスが表彰台を獲得できたんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース