新F1オーナーのビジョンにF1チームの各代表「アイデアは素晴らしい」

リバティ・メディアのビジョンは、概ね各チーム代表に受け入れられたが懸念している点もあるようだ。

  先週、新たなF1オーナーであるリバティ・メディアは、あるビジョンをF1チームたちに示した。具体的な展開や時期については触れていなかったものの、それはF1チームがF1グループの株式を保有できるというアイデアだった。現状ではフェラーリだけが唯一、少数の株を所持している。

トト・ウルフ(メルセデス):可能性を感じるが、闇も感じる

「アイデアはいいと思う」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、次のように語った。

「もし、長期的なビジョンと主要な利害関係者を整理することができ、チームが株主になることができれば、解決できる問題が数多くある」

「しかし、それは明らかにコマーシャル面と財政面の問題だ。そういう細かいところに闇も潜むと思うね」

クリスチャン・ホーナー(レッドブル):株を保有して当然だが、公平であるべき

「私は賢明なことだと思う」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、次のように語った。

「F1チームは、F1にとって主要な関係者にあたると思う。チームがいないF1は、存在しえないのだから。しかし、株を所有するチームを平等化させるためには、同じ条件で全てのチームに対し、その権利を与えるべきだ」

「チームのために、皆が平等の少数の株主でいることは正しいことだと思う。株に左右された合意がなされる危険性がなくなるからだ。しかしそれでは、チームで株を保有する意味が明らかになくなるがね」

シリル・アビテブール(ルノー):F1運営でのリスクの一部を持つことができる

 ルノーのチーム代表であるシリル・アブテブールは、次のように語った。

「素晴らしい機会だと思う。多くの価値が、F1から既存の株主に対してもたらされることになるからだ。それは素晴らしいことになると思う。チームに融資する異なる団体によって冒される危険性を取り去ることもできる」

モニシャ・カルテンボーン(ザウバー):以前のF1にもあったアイデア

「我々は以前もこういった類の議題がありました」

 ザウバーのチーム代表であるモニシャ・カルテンボーンは、次のように語った。

「興味深いアイデアだと思います。全てのチームにこの機会を与えられるということは、非常に意味のあることだと思います。しかし最終的には、何を得ることができるのか、そしてその価格次第だと言うことができるでしょう」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Mercedes , Red Bull Racing , Renault F1 Team , Sauber
記事タイプ 速報ニュース