日本通のアロンソ「ホンダの一員であることをとても誇りに思っている」

アロンソは、現状のマクラーレンに対してポジティブに感じていることを話し、今回の日本GPに対する作戦を明かした。

マクラーレンのフェルナンド・アロンソは日本通で知られるが、木曜日の鈴鹿サーキットで行われた日本GPを控えた記者会見で日本文化やホンダに言及した。質問したのはイギリス人女性ジャーナリストだが、アロンソの答えに眼をぱちくりさせていた。

 質問は、「ホンダの哲学と技術力をどう評価するか?」というものと、「ルノーやフェラーリと比べてホンダと働くこと(の難しさ)は?」という、少し皮肉の含まれたもの。しかし、アロンソは次のように答えた。

「ホンダと働き始めた1日目から、彼らの哲学とレースに対するアプローチも含めてワクワクしていた。僕は日本の文化や伝統が大好きだし、ホンダはそれらをレーシングに持ち込んでいる。彼らは素晴らしい仕事を全力で行っている。彼らは全てを日本で、日本人の手で取り組んでおり、それを使命だと思っている。そのプロジェクトの一員であることを僕はとても誇りに思っている」

「いま、ゆっくりとだが結果が出始めている。そのおかげでホンダの人達はモチベーションを高めており、よりクリエイティブに仕事に取り組んでいる。ホンダの技術者は学校を卒業してからずっとホンダのために働いており、ホンダは彼らの生活そのものだ。この文化は我々ヨーロッパのそれとは異なるが、多くの学ぶところもある」

 マクラーレン・ホンダの進化に関して、アロンソは次のように語っている。

「マクラーレン・ホンダの進化には満足している。現在はフォースインディア、ウィリアムズとほぼ互角に戦えるようになってきて、直近の5レース中4レースで7位に入っている。明らかな進化だ。しかし、来年に関してはまだ何も言えない。来年には全てが変わるので、とにかく集中して来年のクルマ作りをしなければいけないと思っている。より高い戦闘力が欲しいのは当然だ」

「去年から今年にかけて大きなステップアップがあった。来年に向けてはさらにステップアップをしなくてはいけない。Q3に満足していないで、ポイント獲得、表彰台、優勝まで視野に入れなければ。それは可能なことだと思う。我々は力も、設備も、優秀な人材も揃っている。マレーシアで投入したエンジンは性能を追求したものではなく、信頼性を確保したものだ。我々はもう残りのエンジンがないので、マレーシアGPで新エンジンを投入することを決め、ペナルティを払い、シーズン残りのレースを心置きなく戦おうと決めた」

 ドライバーとエンジニアの信頼関係があって初めて良いレースが出来るのだ。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース