日本GP期間中、フェラーリ特別企画展「Ferrari Formula1 Exhibition」開催

日本GP開催期間中、鈴鹿サーキットでフェラーリ特別企画展「Ferrari Formula1 Exhibition」が行われることが決まった。

 F1日本グランプリの際、鈴鹿サーキットでフェラーリのマシンを集めた特別企画展『Ferrari Formula1 Exhibition』が行われることが決まった。

 この企画展は、フェラーリの日本上陸50周年を記念したもので、フェラーリ・ジャパンの協力により1996年のF310、2001年のF2001Bの2台のF1マシンが展示される。さらにコーンズがフェラーリの取り扱いを開始して40年を迎えるにあたり、F14Tとラ・フェラーリを使用した、小学生以下のお子様限定撮影体験企画も実施する。

イベント概要

■イベント名:Ferrari Formula1 Exhibition
■日 程: 2016年10月6日(木)~10日(月・祝)
■場 所:GPスクエア 特設ブース
■展示マシン F1マシン:F310(1996年)、F2001B(2001年)、F14-T(2014年)、F187(1987年)/ロードカー:LaFerrari
■主催:株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット
■協力:フェラーリ・ジャパン、コーンズ・モータース株式会社

展示マシン
Ferrari F310(1996年)

Michael Schumacher in the Ferrari F310
Photo by: Ferrari Media Cente

Ferrari F310は、スクーデリア・フェラーリが1996年のF1世界選手権参戦用に開発した フェラーリシングルシーター。J・バーナードとG・ブルナーが設計した。1996年の開幕戦 から最終戦まで実戦投入された。1996年からエンジンをフェラーリ伝統のV型12気筒から V型10気筒に変更、また、燃料も1973年以来の付き合いであったアジップからシェルに 変更された。1995年ワールドチャンピオンのM・シューマッハがベネトンから移籍して きたため、1990年のA・プロスト以来のカーナンバー1をフェラーリがつけることになっ た。

 

Ferrari F2001B(2001年)

The Ferrari F2001

Photo by: Ferrari Media Center

Ferrari F2001はスクーデリア・フェラーリが2001年初戦よりF1世界選手権に実戦投入 されたフェラーリシングルシーター。F2001Bは2001年シーズン圧倒的な強さを持った F2001を、2002年シーズン序盤も使用するため、2002年からのクラッシュテスト基準値強化 レギュレーションに対応させ、軽量化を施したF2001Bとして2001年最終戦、鈴鹿サー キットでの日本GPに出走、見事M・シューマッハが優勝した。このF2001Bはその鈴鹿で 勝利したマシンそのものである。カラーリングは2002年のメインスポンサーの英Vodafone になっており、2002年の第2戦のマレーシアGPまで実戦投入された。

 

Fernando Alonso, Ferrari F14-T
Photo by: XPB Images

Ferrari F14-T(2014年)
エネルギー回生システムやターボの導入など、大幅なレギュレーション変更が行われ、 その規定の元で開発されたパワーユニット(エンジン・ターボ・エネルギー回生システム などの総称)を搭載した初年度のマシン。F・アロンソ、K・ライコネンのコンビでシーズン を戦った。
【小学生以下のお子さま限定 搭乗体験】

 

 

Ferrari F187(1987年)

A Ferrari F187 on display

Photo by: XPB Images

第1回の鈴鹿F1日本グランプリで優勝したのがこのフェラーリF187。序盤は2度の表彰台 を獲得するも、その後リタイヤが多いシーズンとなったが、第15戦日本グランプリ、そして 最終戦オーストラリアGPで優勝。1987年シーズンはコンストラクターズランキングを4位 で終えた。

 

 

LaFerrari

6,262ccのV型12気筒エンジンに、F1由来のエネルギー回生システム「HYKERS」を搭載 したハイブリッドカーで、エンジンとモーターから生み出される出力は950馬力を超える モンスターマシン。限定499台が生産され、日本には僅かな台数しか存在しない貴重な モデル。
【小学生以下のお子さま限定 搭乗体験】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース