「来季の目標はチャンピオン」と主張を続けるアロンソ

フェルナンド・アロンソは、彼とマクラーレンの目標は、現在も来季F1で勝利を収めることだと主張する。

 フェルナンド・アロンソは、マクラーレンとホンダのパートナーシップが成功をもたらすまでには、時間がかかるだろうと常に信じてきた。そして今季、幾つかの有望な進歩があった。

 とはいえ彼らはまだ、勝利からはほど遠い位置にいるように見える。しかしアロンソは、自分たちはまだ、2017年にタイトルを獲得することを目指して戦っていると語る。

「来年、僕らはタイトルを勝ち獲りたいんだ」と、アロンソはAutosprintのインタビューに答えた。

「今僕らがいる位置からすれば、それは奇妙に聞こえるかもしれない。でも、それが目標だ」

「僕はもっと前を走りたいと思っている。しかし、今の状況はご覧の通りだ。僕は成熟途中のプロジェクトの中にいて、良くなる時を待っている」

 アロンソは昨シーズン、ホンダ製パワーユニットの競争力と信頼性の不足により耐え難い時間を過ごし、欲求不満だったことを認めている。しかし彼らは、”学習”のためのプロセスを進めてきた。

「昨年は非常に厳しく、苦痛を伴う1年だった。なぜなら、テストで解決されたはずのトラブルを、コース上でも抱えていたからね」とアロンソは言う。

「今年は、物事が改善されていることが確認できる」

「おそらく、我々はこの12カ月の間にもっとも改善できたチームだと思う。ただ、他のメーカーは36カ月も働いてきた。その半分の時間でリードを築くのは、簡単なことではない」

「僕らは信頼性を確保することができたが、パフォーマンスの面では欠いている。でも、来年はそれも確保することができるだろう。我々が全ての面でベストを揃えることができたら、”その時”が訪れると確信しているんだ」

 アロンソはまた、ホンダの新しい総責任者である長谷川祐介が、非常にうまく機能していると言う。

「進歩の度合いは実に速いんだ」とアロンソは付け加える。

「長谷川さんは、レースの世界から直接来た人だ。そして、彼は新しいアイデアに対してオープンであり、そして異なる哲学を持っている」

「物事は改善している。しかし、我々の当初の計画目標に比べ、少なくとも8カ月は遅れていることを認識している。その上、予選やレースでの戦略のように、週末には幾つかの小さなミスが出てしまう」

「(新しいチームCEOのヨースト)カピトは、他のカテゴリーで培った彼の経験を活かして、それらの面を改善しなければならないだろう。これらの小さな変化が、僕らが速くなる手助けになるんだ」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース