自由なバトルを許したレッドブル。リカルドは”フェア”なバトルに感謝

レッドブルは、クリーンなやり方でなら自由にバトルしていいとドライバーに指示を出していたようだ。

 マレーシアGP決勝の41周目、トップを独走していたメルセデスのルイス・ハミルトンのエンジンブローにより、レッドブルのふたりのバトルは、優勝争いに変化した。

 ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンは戦略が異なっており、ハミルトンのエンジンブローによるバーチャルセーフティカーのタイミングで、ポジションが入れ替わる可能性があった。しかしながら、チームはふたりをピットに呼び戻し、ダブルピットイン。どちらもソフトタイヤに交換してピットアウトした。

 リカルドの2秒後方でリスタートを迎えたフェルスタッペンは、数周でギャップを半分に縮めたが、それ以上は何も出来ず、最終的に2位でレースを終えた。

「プッシュしたよ」とフェルスタッペンは語った。

「すごく接近したけど、タイヤがオーバーヒートしてしまったし、僕の方が古いタイヤだった。DRS圏内に入るのがすごく難しかった。僕が言ったように、新しいタイヤの方が数周のアドバンテージがあるし、古いタイヤで1秒以内に入るのはすごく大変だ」

「最終ラップまで本当に一生懸命プッシュした」

「チームは、クリーンなやり方でなら自由にバトルしていいって言っていたんだ。僕はそれをしたんだよ」

リカルド、フェルスタッペンとの”フェア”なバトルに感謝

 ハミルトンのアクシデントが起こるすぐ前、フェルスタッペンより古いタイヤを履いていたリカルドは、ターン4からターン6でのフェルスタッペンの攻撃を、辛うじて退けた。そしてハミルトンのアクシデントの後、レッドブルはふたりに新しいタイヤを装着させた。

 チームメイトとのバトルについて語ったリカルドは「マックスは(2回目の)バーチャルセーフティカーのタイミングでピットに入った。その段階では彼の戦略はすごく良く見えたよ。レースの中盤、僕は彼を抑えなくてはいけなかった」と語った。

「素晴らしいバトルだった。マックスは僕より新しいタイヤを履いていたから、僕はできることを全てやったよ。楽しかった。優勝を巡るバトルだったけど、すごくフェアだったし、尊敬し合っていた。彼に感謝だよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Daniel Ricciardo , Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース