18位フィニッシュのバトン「ひどいレースだった」

マノーとのバトルに苦しんだバトンは、自分たちのマシンと鈴鹿が合っていなかったと嘆いた。

 ホンダの母国グランプリである鈴鹿で、ジェンソン・バトンはスタートで順位を落とし18位、チームメイトのフェルナンド・アロンソは16位でそれぞれレースを終えた。

「スタートは最悪だった」とバトンは話した。

「パワーユニットを全て新しくしたせいで、ホイールスピンがひどくて、スタートで出遅れてしまった」

「マノーをパスするのが本当に難しかった。彼らはソフトタイヤを履いていたけど、僕はハードタイヤを履いていた。とてもトリッキーだったけど、なんとか彼らをパスできた」

「18位でレースを終えたけど、本当にゾッとするような結果だ。でも何回かバトルをして、良い形でオーバーテイクできた。僕らは16位と18位だったし、ポイントまでは程遠い。レースは苦しかったし、タフな週末だった」

「第二のホームレースだったのに、僕らにとっては合わなかったコースで残念だ。スムーズに走れるようになってきたけど、セパンやスパのように走れるとは思っていなかった」

「ここでは速くなかったけど、次のレースではうまくやれるだろう。今日はすべてがうまくいかなかった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Jenson Button
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース