2017年のレギュレーション変更は思いとどまるべきか?

メルセデス・モータースポーツ責任者であるトト・ウォルフは、せっかくエキサイティングなスタートを切った2016年シーズンの後に、来年のレギュレーション変更をF1が推し進めるのは間違っていると信じている。

 現行のV6ターボエンジン+エネルギー回生システム(ERS=運動エネルギー回生+熱エネルギー回生)のレギュレーションは、導入3年目に入った。性能がまとまってきたことで戦略の選択に柔軟性を与え、今シーズン序盤にいくつかの興奮を引き起こしている。加えて、パワーとダウンフォースレベルが進歩したことで、1周のラップタイムは速くなっている。

 これらの背景により、F1でダウンフォースを増加させることは、オーバーテイクする側に負荷を与えるリスクがあるため、来年から速いマシンを走らせる事は果たして効果的なのか否かという議論を促した。

 中国GPの後、なぜF1は2017年の改正をそこまで熱心に行おうとするのか聞いたところ、ウォルフも新しいレギュレーションにポジティブな部分があるのかどうか、疑問を呈した。

「何も受け入れるものはない」と彼は言う。

「レギュレーションの改定案に関して、受け入れるべき部分はないと言うのが私の意見だ」

「昨年と同じようなアドバンテージがないのは明らかなため、我々にとってはおそらく良いことではないが、レースはとても面白くなって来ているし、レギュレーションをこのまま変えない方がもっと素晴らしいレースになっていくだろう」

ひとつのチームに対する優位性

 メルセデスは、V6ターボ+ERSの時代に打ち勝ってきたチームだ。そのため、彼らがレギュレーションをこのまま変えずに維持させたいと考えるのは当然だが、レギュレーションを変更しないままだと、他のチームが自分たちに追いつくための余裕を与えてしまうため、自分のチームにとっては助けにならないと述べた。しかし、2017年のための新たなアプローチは、単に大金を持つチームのひとつに支配的な力を保証するだけだと、彼は考えている。

「多くのレースに勝ち、選手権を連覇しているチームにとっては不利だとしても、レギュレーションを改定せず維持しつづけることで、全チーム間における性能の差が縮まっていくんだ」と彼は語った。

「それが、今まさに起こっている事さ」

「エンジニアは同じ方向に向かっており、それぞれのチームも同じ方向に向かっている。我々が獲得できるものは徐々に少なくなり、他チームは大きなステップを踏んでいる。つまり、今は素晴らしいになるための理想的な状況にあると思うね」

4月の最終期限

 2017年の空力に関するレギュレーションはすでに合意に達しているが、必要であれば、4月末までに過半数の票を得る事で、他の案に変更することができる。ウォルフはF1は変わらない方が良いと信じているが、他のチームはレギュレーション改革により、メルセデスに近付き、あるいは追い越すためのチャンスが与えられるかもしれないことに感づいているため、パドック内で多くの支持は得られていない。

 ウォルフは付け加えた。

「素晴らしいレースが3戦続いた。けれど、我々は素早く反応し、それを認めることができるのか? そして現状で十分だと思えるレギュレーションを取り消せるのか? それは私には分からないよ」

「我々はそれを変えて行くんだろう。そのレギュレーション下で、他のチームか我々の誰かが来年のチャンピオンシップを独占するだろう。すべてを最初から始めることになるんだからね」

「純粋なラップタイムでは見えない、ダウンフォースが増えるだろう。すると、オーバーテイクはより難しくなる。後方気流が今より大きくなるんだからね」


 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース