2017年のF1は燃料制限を緩和

FIA、2017年のF1における燃料制限緩和策を承認。F1チームも合意

 先週motorsport.comが報道したように、2017年のF1マシンは速度増加による燃料切れを避けるために、現在採用されている搭載燃料100Kgの制限を緩和する方向でF1チーム間で協議が行われた。

 搭載燃料増加の要求は、コーナリングスピードの増加、重量の増加(722Kg)、大きなウイングと幅広のタイヤによってドラッグが増加することによる直線での燃費の悪化の結果だ。

 2017年のF1マシンは、最近行われたF1委員会の投票によって当初案から変更なしとされたが、新しいターボ・ハイブリッド・レギュレーション議論の中心であった搭載燃料量は、100Kgに限定されるべきではないという合意に達していた。

 2017年は搭載燃料量が5Kg増加することを全チームが合意しており、F1委員会とFIA世界モータースポーツ評議会の承認を受けた。

 変更されたスポーティング・レギュレーションは以下のようになっている。

「レースのスタートを知らせるシグナルと、レースの終了を知らせるシグナルの後にゴールラインを横切ったいずれのクルマも、105Kg以上の燃料を消費してはならない」

「不可抗力(大会スチュワードによって認められた)以外でこの限度を超えたドライバーはレースから除外される」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース