2017年イタリアGP問題は法廷へ。今年のGP直前にモンツァが会見予定

2017年からのイタリアGP開催契約を締結したイモラは、イタリア自動車クラブからの支援をめぐり、地方裁判所に提訴

 今週の初めにお伝えした通り、かつてサンマリノGPを開催していたイモラ・サーキットは、2017年からイタリアGPを開催する契約を、バーニー・エクレストンとの間に交わした。しかし、この契約の実行については、ACI(イタリア自動車クラブ)の支援を確保し、同国のスポーツ局の承認を取り付けることという条件が付けられており、この点がまだ未決であった。

 しかし、ACIはイモラがイタリアGPを開催することを望んでおらず、モンツァの財政難を補填するために政府から補填された資金を、イモラに使えるようにするつもりがないことも明らかだった。

 イモラのプロモーターであるフォーミュラ・イモラ代表のウベルト・セルバチコ・エステンセはmotorsport.comに対し、ACI代表のアンジェロ・スティッチ・ダミアーニは、モンツァを支援することのみに興味を持っていると語った。

「アンジェロ・スティッチ・ダミアーニ次第だ」と、エステンセは言う。

「これは非常に政治的な問題だ。我々はバーニーとの契約を持っている。そのため、我々が唯一必要としているのは、スポーツ当局の承認だけだ」

「将来的にイタリアGPが消滅してしまったなら、この承認を与えなかったスティッチ・ダミアーニの責任だ」

 ダミアーニが、イモラのレースに資金を提供するつもりがなかったのは明らかである。そのためサーキットは、ACIがグランプリ開催を可能にするためのサポートを提供していないとして、ラツィオ地方行政裁判所に控訴していたことを、水曜日に発表している。イモラはエクレストンとの契約を保持しているのに対し、モンツァはこの契約を保持していない。にもかかわらず、ACIがイモラを支援しないのは、誤った決定であると主張しているのだ。

 サーキットの所有者は、声明の中で次のように語っている。

「フォーミュラ・イモラは自身の権利により、FOMとの交渉に臨み、契約上のコミットメントを引き受けた」

「また、FOMとFOWCによって送られた同様の提案は、モンツァとSIAS(the Company of the Automobile Club of Italy for the promotion of motor racing and Sport)に受け入れられなかった」

「グランプリ開催を失ってしまえば、この国のスポーツのイメージに深刻な影響を及ぼす可能性がある。そのような危険性を排除するあらゆる可能性を検討するため、その評価を行う国家機関が必要だ」

 モンツァは、イタリアGP直前の火曜日に記者会見を行うことを、7月20日に明らかにしている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ imola, monza